d0360702_11424324.jpg













滋賀県信楽にあるMIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
学芸員に義従姉妹がいるため、
行きたいとは思っていたものの機会がありませんでしたが、
このミュージアムの設計者である
I.M.ペイ生誕100年とミュージアム開館20周年記念で、
建築家・磯崎新氏と藤森照信氏の対談があるとの知らせを受け、
これは、逃す手はないと行ってきました。
d0360702_11425325.jpg













I.M.ペイ氏の建築は、学生時代に雑誌などで目にしましたが、
100歳でまだご存命なんですね。
グロピウス、ブロイヤーの元で近代建築を学んだ、
中国系アメリカ人の建築家ですが、
一般的には、ルーブル美術館改修計画での
ガラスのピラミッドといえばお分かりではないでしょうか。

その彼の建築は、日本のここ信楽にしかありません。
d0360702_11430354.jpg













このミュージアムのテーマは『桃源郷』
中国の古典、陶淵明の「桃花源記」に描かれ、
俗界から離れた仙境を示すようで、
このMIHO MUSEUMでも、
まさにそれを体感できる建築となっています。
d0360702_11431461.jpg













レセプション棟で、チケットを購入して、
そこから、両側に垂れ桜が植えられた
ゆったりとしたカーブの道程を辿ると、
やがて山にぽっかりとあいたトンネルに辿り着きます。
d0360702_11432600.jpg













このトンネルがまた、静謐に包まれ美しい。
カーブを描いているため、出口が見えません。
ステンレスの細かいパンチングメタルで覆われた内部は
自然光を反射しながら奧へと光を導き、
低い位置にある間接照明のみで、
銀色の世界を包み込んでいます。
d0360702_11433650.jpg



























ここには、春には垂れ桜の桜色に、
夏には、山の木々の緑色に、
秋には、紅葉の紅色に、
そして、秋分の日には軸線の西側からの夕日が
トンネル内に差し込んで黄金色に。。。
d0360702_11434938.jpg














まさに、時空を超えるトンネル、
ここを通って、出口が見えてくると
美しい斜張構造の吊り橋のアーチ状ケーブル越しに、
入母屋のガラス屋根に被われたミュージアムが見えてきます。
まさに、俗界から離れて桃源郷に足を踏み入れた気分です。
d0360702_11435902.jpg













当初予定された数箇所の敷地では、
ペイ氏はOKしなかったとのことで、
山を案内するうちに、道もなかったこの場所でなら
引き受けるというほどの山の中。

この橋も、山を貫いたアーチ状トンネルを出て、
反対側の沢の上に架かる橋で、
その向こうに、やっと建物敷地の山がある。

そんな場所に掛けられた吊り橋ですが、
これがまた、アーチ状に張られたケーブルが
美しい箇を弧を描いて橋を包み込みながら、
対岸の風景を切り取っています。
d0360702_11440838.jpg













人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
# by atelier-m-archi | 2017-11-09 11:52 | 建築風景 | Comments(0)

d0360702_11404827.jpg





















今月の東京での講演会のお知らせです。
facebookを通してご縁をいただいたのが、
全国で企業研修をおこなっている北村美由起さん。
その(株)北村クリエイト主催による講演会。

・『男の美学・講演会』
  熱くしなやかな3人の男たち

○高野誠鮮:僧侶、ローマ法王に米を食べさせた男
○高野登:人とホスピタリティ研究所
     元リッツカールトン日本支社長
○松永務:建築家 アトリエMアーキテクツ主宰

・2017年11月19日(日)
 13:20~16:40 開場13時
・会場:エッサム神田二号館4階
 東京都千代田区内神田3-24-5
・参加費(税込み) 
 1.5万円(プレミアム席)
 1.0万円(8/31申し込み)
 1.2万円(9/1以降申し込み)
 10/20締め切り 定員130名

まだ可能なようですが、よろしければお会いしましょう。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
# by atelier-m-archi | 2017-11-01 17:49 | アトリエ生活 | Comments(0)

d0360702_16273740.jpg
















10/25の専門学校の授業は、

毎年恒例の外部講師を招いての特別授業。

いつも仕事でお世話になっております、

タニタハウジングウェア・谷田社長による講義、

今回は、2017年グッドデザイン賞記念講演です。

『雨のみちをデザインする』

http://www.tanita-hw.co.jp/


昨年に続き、今年も2つの商品が2017年グッドデザイン受賞。

おめでとうございます。

・TANITA GALVA:雨とい、スパンドレル、屋根材、換気棟、クサリトイ他

・エコテクノルーフ

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid102.html

d0360702_16280969.jpg






























d0360702_16275778.jpg




























いつもお忙しい合間を縫って、

静岡に来ていただいております。

どうも、ありがとうございます。


多摩区・生田/小田急沿線の家。

ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような

モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html

d0360702_16282569.jpg


















静岡・国吉田/静岡市内を一望する家。

大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html

d0360702_16283495.jpg















熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。

10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には

落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41

d0360702_16284596.jpg














静岡・大谷/相模湾を望む家。

山からの落ち葉対策と共に、

ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて

屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41

d0360702_16285453.jpg















静岡・国吉田の家2。

静岡・池田山の家。

切り妻のシンプルな屋根に合ったシンプルな半丸樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html

d0360702_16290504.jpg


























静岡・豊田の家。

特徴的な軒裏の米松押し縁の軒先押さえを兼ねた箱型樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid38.html

d0360702_16291807.jpg












・広島/呉・大之木ダイモモデルハウス・木香(このか)の家。

シンボルツリーのために屋根に空いた開口部から「ensui」(鎖樋)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid96.html

大之木ダイモモデルハウス・木香の家

http://daimo.jp/kinoie/modelhouse/4960/

d0360702_16293042.jpg

















雨樋・すとっ葉°ーの雨水流入実験

https://www.youtube.com/watch?v=IMDiFdBF3Gw&feature=youtu.be



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
# by atelier-m-archi | 2017-10-25 16:38 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_11365169.jpg














渡り廊下とデッキが玄関代わりとなり、
玄関のない自邸ですが、
前後二つの建具で仕切られる中庭デッキは、
春夏秋冬で、しつらえを変える空間です。
d0360702_11370001.jpg


























自家栽培&緑のカーテンのゴーヤーが終わり、
ネットを外したあとは、
愛犬クレアの日向ぼっこを食堂から眺めながら、
小春日和を味わいつつ・・・と思っていたら、
なんですか、この寒さと長雨は。。。
d0360702_11371078.jpg



























秋がなくて、初冬の気候。
近年の気候にヤマモミジの紅葉が乱れがち。
さて、今年はどうなりますか。。。
d0360702_11372029.jpg























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
# by atelier-m-archi | 2017-10-17 11:47 | 木製建具 | Comments(0)

d0360702_08235683.jpg

























※写真については、掲載許可をいただいております。

昨日の静岡市民文化会館でのさだまさしコンサート。
詩島でのビフォーアフター撮影以来、
半年ぶりの再会を果たすことができました。

コンサート前に、楽屋訪問してしばし歓談。
持参した映画長江DVDと詩島唄CD、
これが、私とさださんとの出逢いのビフォーアフターですと・笑
サインをしていただきました。

そして、ツーショット撮ってインスタしないと。。。
コンサート時の恒例インスタにご一緒させていただきました。
また、番組を通じてお世話になった
さだ企画の方々とも
懐かしい再会を果たせました。
d0360702_08240820.jpg
















先月に発売されましたさだまさしさんの
ニューアルバム『惠百福 たくさんのしあわせ』
文字通り、たくさんのしあわせを詰め込んだアルバムですが、
やはり、私にとって一番気になるのは『詩島唄』

CD付属の歌詞カードの解説には、
番組、施工した石橋工務店、西山工業と共に、
私の名前まであげて、感謝の言葉が述べられていて感激。
本当に、喜んでいただけて良かった。。。

朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターで、
さだまさしの詩島の島再生リフォームを
お手伝いさせていただき、

d0360702_08153979.jpg
































そして、それをきっかけにできあがった『詩島唄』
リリース初日に購入して聞きましたが、
詩島の歴史がそのまま歌詞になって、
なんということでしょうのフレーズもあり、
しかも、ロックンロールなさださんが・・・笑
とにかく、ウキウキするメロディーでした。

昨日の静岡コンサートでも、
観衆総立ちで、『詩島唄』を熱唱。
今日は、詩島を担当してくださった
島の匠・松永さんも会場にいらっしゃってます!!
・・・・・・で、皆さんが会場をキョロキョロ・苦笑
私は、いち観客として紛れ込んでおりましたが。。。
d0360702_08241930.jpg
























詩島再生リフォームから産まれた『詩島唄』
その歌をさださんのコンサートで、
観客の皆さんと一緒に、盛り上がりながら聞けるとは、
なんということでしょう

あの会場の空気感をファンの方々と共有できて、
本当にしあわせな刻を過ごすことができました。
どうも、ありがとうございますた!!

さだまさしの詩島と設計施工フォローアップ
リフォーム概要はこちらから。

d0360702_08154638.jpg































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
# by atelier-m-archi | 2017-10-12 08:48 | さだまさしの詩島 | Comments(0)