人気ブログランキング |

d0360702_11190385.jpg




























今回の住まいは鉄筋コンクリート造躯体と無断熱。
断熱性能を上げて、木軸で内装を創り出すことは、
スケルトンインフィルでのリフォームが前提となりますが、
問題は、それをどういった手法で創り出すかがポイント。

鉄筋コンクリート造躯体の断熱性能を上げるためには、
直接躯体に断熱材を貼り付ける手法が一般的ですが、
これだと、躯体の内部をできる限り広く使うことができるためですが、
今回のお宅は、元店舗の設計ということもあって、
土間スラブから天井スラブまでが、3.8mもあり
そこまで内部空間広く使う必要がありません。
また、古いRC躯体は、壁・スラブ共に垂直・水平があまく、
直接張りで、これを調整するのは手間が掛かります。

今回は施工期間も限られる中で、生産性を上げつつコストを抑えるには、
できるだけ施工のシステムをプレファブ化していくことが必要です。

d0360702_14043591.jpg


























d0360702_14044343.jpg















RC躯体の中に、木軸を造る方法はたくさんありますが、
80歳のお父さんのために適度な内部空間を創り出すために、
天井高をあまり高く取らないで、小さく住まうことを考えました。
そうすることで、省エネにも繋がるわけです。

また、単に在来工法の木軸に石膏ボードを張って、
クロスや板張りでは、作業工程も煩雑になるので、
構造躯体がそのまま仕上躯体にもなる
静岡県産杉材Jパネルによる落とし込み工法を採用しています。
今回のJパネルは私の地元静岡県産杉材を活用した、
島田の丸天星工業さんのJPウォールです。

d0360702_14213238.jpg















d0360702_14214160.jpg





















d0360702_14215022.jpg




















RC造のため、木構造躯体としての機能は必要ありませんが、

通常のJパネル厚36より薄い厚30ですみ、

パネル同士をダボ繋ぎできて、受け材が必要ないのが特徴です。

また、そのまま家具の造作にも転用がきく厚みとなるので、

材料の転用が容易となります。


Jパネルの躯体では、杉の120角柱を使用しますが、

33×20mmのしゃくりに落とし込み、

この時に両側にできる43.5mmの段差部分のRC側に

断熱性能の高いポリスチレンフォーム厚40を使用しています。


こうすることで、RC躯体に張り込むよりも手間が軽減でき、

木造躯体とRC躯体の間にできる空気層も

断熱性能をアップに寄与しますし、適度な広さの室内空間を造ることができます。


d0360702_14220734.jpg


































d0360702_14221829.jpg



















d0360702_14222632.jpg



































床部分は、120角桧材と構造用合板厚24とポリスチレンフォーム厚40

として、断熱材の厚みをそろえることで歩留まりをよくしています。


Jパネルの壁高さは、標準の910×1820パネルを2.5枚

910+910+450=2270mmが基準です。

半割を使うのは、もう半分を転用するためです。

床側は、構造用合板+フローリングの45mm

上部桁側は、15mmと60mmの呑込みがありますので、

2210mmが床仕上げから壁上端の高さとなります。


d0360702_14224773.jpg





















d0360702_14230235.jpg

































高さが少々低いと感じるかも知れませんが、

今回は、桁にも杉120角を使用していますので、

実際の天井高さは、仕上げ材を除いても2324mmありますので十分です。


ただ、今回は天井スラブとの高さの関係から、

910mmの標準Jパネルを上から差し込むことができないので、

上部を300mmカットした溝を建て方に応じた箇所に設けて

横入れができるようにしています。


d0360702_14232206.jpg



















d0360702_14233066.jpg





























こうした設計をする場合には、建て方の順番であったり、

Jパネルの番付、出荷、搬入の順番など、

設計するに当たって、施工者との意思疎通が重要となります。

構造模型による確認、軸組図によるJパネルの加工確認、

Jパネルの番付と供給業者への見積依頼と歩留まりチェックなど

設計側でこれらの図面を描いて、打ち合わせを重ねることが必要なので、

この辺りの労力は相当な量となりますが、

生産・搬入・施工をシステム的にかつ、スムーズにおこなうためには、

重要な作業となります。


d0360702_11191424.jpg


















このように、Jパネルを使用した住まいの設計には、

設計サイドの図面を元にして、生産業者さんとの打ち合わせ、

構造模型によるプレカット加工や建て方順序、

出荷・搬入・建て方の順番を考えた梱包と番付などなど、

設計→生産→出荷→搬入→建て方それぞれの段階での

図面を元にした意思疎通が重要なカギとなります。


こうした作業を面倒とみるか、面白いとみるか、

それが設計の資質に通じることかも知れませんね。


d0360702_14234318.jpg


















d0360702_14235351.jpg


















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-05-13 14:32 | 劇的ビフォーアフター | Comments(0)

d0360702_11193177.jpg






































今回で物件12軒目、放映15回目の出演となりました、
平成最後のビフォーアフター、いかがでしたでしょうか?
番組HP渡辺家概要はこちらから。

ここ6年の間は東京・八丈島、沖縄・久米島、
日本最南端・波照間島、長崎・さだまさしの詩島と続いた島リフォーム編。

6年振りに島から陸に上がって、富士山の麓で
久しぶりに『島の匠』から『森の木の代弁者』に戻りました。

今回はビフォーアフター工務店として、
魔裟斗さん・尼子インター渚さんとの協働作業でしたが、
さまざまな施工プロセスに、カメラのあるなしに関わらず、
ロケ時間目一杯にご協力いただき、本当ありがとうございました。
山梨の冬という底冷えする現場の中、
色々と難易度の高い施工でご苦労されましたので、
アフターで、ご家族にリフォーム内容をご紹介するのにも、
その背景を説明されていて、作り手の想いがこもっていました。

d0360702_11192224.jpg


















昨年の11月に現場検証が始まってから約6ヶ月
通常設計監理に費やす期間は1年以上ですから、
超ハイスピードでの業務とはなりました。
現場検証から年末の解体工事に向けて、
既存図面作成→リフォーム検討→構造模型製作と木造インフィル設計
→各部設計と工務店への見積→Jパネル割付製作図と見積→調整→解体へ。。。

d0360702_11191424.jpg
















今回は、既存鉄筋コンクリート造2階建ての中での
スケルトンインフィルでのリフォームでしたが、
既存設備配管の整理や建物内の最終枡調整、
隣地巾40cmでの給湯器他配管設備、断熱領域の設定などなど、
ギリギリのせめぎ合いでした。

解体工事が年末年始に掛かりましたので、
建築・設備工事は、実質2.5ヶ月弱でしたので、
施工者関係者の方々の負担も、相当なものとなっております。
また私自身も、介護をサポートしている世代でもあり、
今回のご家族のお話には、感情移入される部分も多々ありました。

d0360702_11190385.jpg



























d0360702_11185432.jpg































この番組で紹介された工事費でおこなうためには、
テレビならでは、様々な関係者のご協力があればこそ。
今回は、以下の方々の誠心誠意なるご協力のお陰で
無事、渡辺家を蘇らせることができました。

この場をお借りしまして、
あらためまして、御礼申し上げます。
皆さん、どうもありがとうございました。

d0360702_11184546.jpg


























d0360702_11182359.jpg

















カネヒロ工務店/舟久保広一(棟梁・現場監督)
担当大工/宮下丈史,土橋一良
・電気工事:萱沼電気/萱沼善夫, 高村健市
・給排水設備工事:彩孝設備/羽田博
・解体工事:輝宝/大谷健太, 白須龍太郎
・仮設工事:鳶政工業/羽田政男, 山本勝久
・基礎工事:加藤工業/加藤保
・防水工事:アルファ/古屋修
・コーキング工事:羽田コーキング/羽田伸太郎
・板金工事:ホリウチ工業/堀内充, 堀内正三
・建具工事:渡辺建具店/渡辺和男
・家具工事:宮下木工/宮下五三夫
・塗装工事:佐藤塗装/佐藤俊治
・タイル工事:荒井タイル/荒井光行
・ガス工事:吉田ガス/舟久保功
・建材:ヤマヨセンター/渡辺功
・アルミサッシガラス:渡辺建装/渡辺裕之
・手摺工事:アイエバリ/水流和規
・タイル加工販売:グラデスタオ/高橋良武 アイケン

d0360702_11350776.jpg


















また以下の資材については、私の普段の仕事でもお世話になっている
各企業の方々には、格別のご協力をいただきました。
あらためて、御礼申し上げます。

・丸天星工業:静岡県産杉材JPウォール
 ・・・インフィル木造構造躯体,造作家具材
JPウォール
http://marutenboshi.com/jpwall.html

・三菱商事建材/アイカ工業:構造用面材モイスTM,内装材モイス,モイスコート
 ・・・入り口外壁下地壁,居室天井材,玄関,水回り壁天井仕上材
モイスTM

・四国化成工業:エクランEX,パレットCX,けいそうモダンコート外装
 ・・・玄関廻り床,玄関柱,水回りRC壁仕上塗材
エクランEX
パレットCX
けいそうモダンコート外装

・TOTO:システムキッチンミッテ,衛生機器一式,手摺金物

d0360702_11281696.jpg


















そして忘れてはならない、番組の制作担当者の方々。
今回も大変、お世話になりました。
どうもありがとうございました。
・高橋総合演出
・植田朝日放送プロデューサー
・山下朝日放送制作局
・青山社長兼プロデューザー
・古賀プロデューザー
・武川プロデューザー
・酒井ディレクター
・沖津アシスタントプロデューサー
 兼カメラマン兼アシスタント大工兼現場対応担当
・映像担当:池田屋
 カメラマン/山田洋和,三好哲也,安達良,杉村正視,吉田剛
  VE/楠部達也,善方光一,福重伸隆,横田満洋
  アシスタント/佐藤文哉
  
皆さん、大変ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました!

d0360702_11174964.jpg





















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-29 11:28 | 劇的ビフォーアフター | Comments(0)

d0360702_07291062.jpg
企画・設計・施工のポイントの解説はこちらの実例から。

・国吉田物語建設プロセス
d0360702_15383544.jpg


































・池田山物語建設プロセス
d0360702_15384436.jpg


































・『木香の家』モデルハウス
広島・呉の大之木ダイモ 商品企画住宅
d0360702_15385535.jpg


































全国に三工場(静岡県,鳥取県,徳島県)しかない
国産材三層クロスパネルの生産工場。
・丸天星工業(静岡県)
・鳥取CLT 旧レングス(鳥取県)

このJパネルを柱の間に落とし込むことで、
粘り強い耐力壁を構成できて、
かつ、それを内部の仕上げとして活用できる、落とし込み工法。

このJパネルを、床や屋根に使用することで、
杉材によるモノコック構造(面接合)となります。
d0360702_15031581.jpg





























構造計算上では、耐力壁の壁倍率2.5ですが、
すでに、公的機関の実物大試験で、
3.2~3.6倍の耐力が確認されています。

また、丸天星工業さんのJPウォールは4.6倍の認定品です。

さらに、柱・梁にも国産杉材を活用することにより、
30坪の住まいで、20m2以上の地域材を活用できて、
家全体が呼吸する、優しい生活空間を創り出します。

単に、国産材を使用した在来工法というだけではなく、
その粘り強い構造上の特徴を、内装材として活かせるという、
構造材と仕上げ材がセットで創り出せることも魅力です。

余談ながら、各国産材助成制度なども
最高ランクを難なくクリアします。

『木香の家』の概要説明はこちらから。

d0360702_16293042.jpg















・さだまさしの詩島 2017.04.02 大改造!!劇的ビフォーアフター2hスペシャル

d0360702_13440378.jpg















さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル。
さだまさしの詩島とJパネル家具製作
さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部
さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生

d0360702_13441096.jpg

















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-27 15:06 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

伊豆の森の中に囲まれて、森の中に住まうだけではなく、
5mの巨大な水槽で淡水魚や水生生物を成育させて、
予備の水槽まで増設して、別荘からの斜面に小径を造り、
そこには、畑まで造って野菜づくり。
存分に森の中の生活を満喫する別荘。

沖縄の海岸沿いに建ち、
そこはまるでプラベートビーチ。
堀座卓の和室広間とバーベキューデッキ、
厨房、玄関、浴室すべてが海に向き合う。
敷地内を流れる水路を渡るブリッジの向こうには、
赤瓦の離れのあるプライベートな庭も海に向かい合う。
沖縄の海に向き合い、その自然と一体化する別荘。

山と海に向き合う別荘のお話し。

・静岡・伊豆高原の別荘:129.18m2 2016年5月
d0360702_07460820.jpg
































・沖縄・恩納村の別荘:153.66m2 2015年8月
d0360702_21541791.jpg








































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-24 15:14 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

大型住宅の住まい感

面積が大きい、いわゆる広い住まいでは、
一見すると色々な要望をかなえられそうですが、
そこには住まい手それぞれのこだわりの部分が多くあり、
ただ単に大きい住まいということはあり得ません。

私のアトリエでも、よく聞く話ですが、
ハウスメーカーでは、40坪の住まいのそれぞれの居室が
大きくなっただけの70坪の住まいといった風に、
部屋が大きくなっただけの住まいしか提案されず、
魅力的な住まいにならないんですよ・・・と。

ここには、ゆとりのある住まいだからこそ、
活かすべき生活空間の提案が多く含まれています。

・富士・吉原の家:171.28m2 2011年12月
d0360702_15114663.jpg
































・静岡・大谷の家:300.25m2 2009年12月
d0360702_15113587.jpg

































・静岡・千代田の家:378.73m2 2007年8月
d0360702_15112418.jpg
































・静岡・国吉田の家:314.88m2 2003年1月
d0360702_15111585.jpg


































・静岡・駿河台の家:155.45m2 2002年11月
d0360702_15110084.jpg

































・静岡・池田の家2 :289.79m2 1998年5月
d0360702_15105167.jpg

































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-23 07:20 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

延べ面積100m2の住まい

延べ面積100m2以下の住まいでも、
さまざまな工夫次第で、4人家族のための
狭さを感じない広がりある生活環境が実現できます。
空間の豊かさと家族の気配を感じる住まい、
そんな住まいがここにあります。

それぞれのリンクから住まいごとに写真と解説をご覧いただき、
皆さんの住まいの参考になれば幸いです。

・広島・呉 木香の家:99.96m2-2016年5月
d0360702_16122714.jpg
































・静岡・池田山の家:99.36m2-2014年3月
d0360702_15225532.jpg
































・浜松・曳馬の家:79.54 m2-2011年6月
d0360702_11562354.jpg

































・静岡・岩本本町の家:71.36m2-2010年5月
d0360702_13420415.jpg

































・浜松・鴨江の家:98.39m2-2009年4月
d0360702_10251052.jpg





















・静岡・城東町の家:94.70 m2-2004年9月
d0360702_17553825.jpg


































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-22 07:25 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_21043922.jpg
























いよいよ、今月で平成の世の終わり.....
そして世の中、10連休に突入。。。

そんな色々な意味で、節目の4月末となりますが、
その平成最後の日曜日に、
久しぶりの大改造!!劇的ビフォーアフター放映決定!

・4/28(日) 春の2hスペシャル
・朝日放送 18:56~20:54・・・通常2hですとこんな時間となると思います。

思えば、6年前の八丈島から始まった、
島の匠としての島リフォーム。。。

・八丈島

・沖縄 久米島

・沖縄 波照間島

・長崎 さだまさしの詩島

そして、今回は6年振りに陸に上がって『森の木の代弁者』に戻ります・苦笑
静岡県産材を使用したリフォームにご期待ください。
様々な人々のご協力に感謝の心と共に。。。

d0360702_21044714.jpg


























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-04-17 21:09 | 劇的ビフォーアフター | Comments(0)

d0360702_16170194.jpg













既存の平屋や増築された2階建ての木造家屋は、

先々代から受け継がれてきた住まい。

そこに使われている木材は、今では入手できても、

破格の費用が必要なものも多い。

しかしながら、こうした昔の住まいは無断熱、

もしくは低気密の住まいであり、

年を重ねた年代には、ヒートショックの危険性もあり、

改修も必要となります。



















d0360702_16172118.jpg















こうした全体の住まい計画のプログラムや費用、

改修と新築の検討を重ねて、

新築の中にも、旧宅から受け継ぐ住まいを模索して、

もう足掛け三年目となりましたが、

ようやく基本計画が固まってきました。

以前に設計した同様な住まいの見学会をおこない、

さらに具体的なイメージを固めながら、

基本設計へと移行します。

富士・吉原の家

https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_7.html



















8年振りにアトリエのMac業務環境を更新して、

Vectorworks2011から2018Architectへバージョンアップ。

https://atelier-m-architects.at.webry.info/201801/article_10.html

これまでの手書きスケッチ → CAD → 模型やパースという

適材適所の設計を、もう一歩推し進めて、

BIM (Building Information Modeling)環境が

容易になった・・・感じがしているVW2018 VW2019

提供される木造BIMツールと木造建具ツールと共に、

新たな視点での設計にも格闘中・苦笑。









すでに、基本計画での環境設計にも役立てますが、

イメージだけではなく、環境をリアルに

説明することが容易となっています。

d0360702_16174610.jpg













人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-03-19 16:30 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_11134633.jpg



























もう10年以上体力維持のためにランニングしています。
まだ駿府マラソンだった頃は、ハーフに挑戦しましたが、
静岡マラソンになってから、ハーフが無くなりフルのみ。
これはなかなかハードルが高いなぁと、
昨年、久しぶりにファンラン11kmを走りましたが、
やはり物足りない。。。苦笑

そこで、この一年100km/月のランニングを決めて走り込み、
年末にnike run clubデータ集計で、
年間1,350km超えで達成。

さらにここ3ヶ月はいつもの1セット15kmを
20kmに上げて、走り込みをおこない、
万全の体制で、フルマラソン初挑戦のはずでしたが、
二日前から左脚の甲に痛みが発生し、
湿布を貼っての挑戦となりました・(;゚ロ゚)

コースの概要はHPを見ながらイメージトレーニング・・・
どこで安倍川餅、どこで石垣イチゴ、どこで給水・笑
今年は、昨年と比べて安倍川餅の箇所が減ってた。。。

それさておき、肝心の当日は絶好のマラソン日和、
気温13℃、湿度50%
薄晴れで、多少肌寒い、これ最高です。
雨もダメですが、晴れすぎてもダメ。

静岡マラソンは交通規制の関係で、
フィニッシュタイムが5時間半とかなり厳しい設定です。
ちなみに、東京マラソンは7時間。

しかも、初挑戦の私は最後尾のグループF。
スタート合図の放送は聞こえますが、
私はまだ市民文化会館を過ぎた辺り、
そこからゆるゆるジョギングで前に進み、
市役所前のスタート地点に来たときは、
8:20から10分余り経ったとき…(;゚ロ゚)

24kmまでは、走り込んできましたので、
身体も脚もイメージ通りで、タイムを貯金。
普段のランニングは歩道のため凸凹があり、
道路のような平坦は非常に走りやすい。
加えて沿道の応援が後押し。

ナイキデータだと通常6’30”/kmのペースが5’30-50”/kmと上がり、
10分の遅れを取り返して、貯金。
ただ、後半に備えて自重した走りで24kmを超え
未知の領域に入りましたが、順調。。。

しかし30km前辺りで、突然脚が重く感じ始め、
それでも何とか走り続けましたが、
ときどき歩かないと足が攣りそうで、
同様のランナーがそこかしこで、屈伸運動。。。
しかも駿河湾沿いの久能街道は直線で先が彼方、
ま、まさに苦悩街道・笑

35kmの関門閉鎖を10分余裕で通過しまし、
これでまず一安心だなぁと走りと歩きを入れていたところ、
最後の関門41.6kmでは、遠くからあと5分です!
ここまで来たんです、皆さん頑張っての放送に、
ヨレヨレの周囲のランナーと共に、スピードアップ・笑
皆さん、最後の鞭を入れて。。。

フィニッシュゲートの見えてきて、
さぁ、これでゴール、初挑戦初制覇だぁ〜と
感激に浸っていると、
DJロニさんが、あと5分ですよぉ〜・・・、
で、最後の後押し。。。苦笑

ゴールしてから、完走メダルやタオルをもらっていると、
後ろで、関門閉鎖まであと10秒。。。
これからのゴールは規定により、記録されません。。。
同じ苦しみを味わった同士に、
何ともいたたまれない気持ちになりました。
どこかで、切らなくてはならないのですが、
あのスタートの10分は余りに大きいと感じました。

私のiPhoneは8:20スタートで稼働させたので、
スタート地点手前の距離も計測されたにしても多めの
延べの走破距離は、46.32kmでした・苦笑。
d0360702_11135674.jpg























かくして、何とか走りきることができました。
誕生日と重なったフルマラソン初挑戦、
また1歳年を取りましたが、
現在、身体は10歳年と取った感じで、
バキバキ・・・腰も痛い…でございます。。。

記録:5時間24分58秒
ネットタイム:5時間14分41秒
5km:41分59秒
10km:1時間14分20
15km:1時間52分47秒
20km:2時間27分13秒
中間:2時間35分05秒
25km:3時間04分37秒
30km:3時間46分14秒
35km:4時間26分53秒
40km:5時間07分31秒

来年は5時間を切りたいなぁ・・・と
考えることすら・・・今は嫌です。。。と言いながら・笑

d0360702_11253408.jpg













































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-02-25 11:17 | ジョギング | Comments(2)

d0360702_11023049.jpg


































昨年末辺りから怒濤の年末年始。。。
雑誌や住まいプレゼンと平行して進めておりました
Jパネルを住まいのリフォームに活用する設計。
d0360702_11024293.jpg

















以前企業の保養所リノベーションに活用したのは
JパネルをNCルーター加工したスリットバージョン。
静岡県産杉材Jパネルスリットという加工品。
d0360702_11045754.jpg










今回は住まいであり、遠隔地であるために、
すべてのJパネルを軸組設計の中で番付して加工して、
そのパネルには拾い表と連動した番付タグを付けています。
軸組から拾いまで設計の範疇でおこないますが、
それに対してきめ細やかな対応をして頂けるのは、
静岡の丸天星工業さん。
d0360702_11025543.jpg










d0360702_11030220.jpg













d0360702_11031343.jpg


































工務店さんにも分かりやすいように軸組模型も作成して、
建て方順序や加工も工夫しています。

準備万端、いよいよ来週から建て方開始・・・
果たしてその結末は。。。
d0360702_11032617.jpg


































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


# by atelier-m-archi | 2019-02-02 11:12 | リフォーム設計 | Comments(0)