さだまさしの詩島と詩島天満宮

d0360702_13353125.jpg
















江戸時代には、キリシタンの島だったという

言い伝えもある寺島。

さださんが、購入したときにこの寺島という名前の

寺に言べんを付けて詩島に改名。

これは、さださんらしい良い名前ですね。


その詩島の一番小高い場所に、詩島天満宮が建立されています。

ここには、あの菅原道真の分霊が、

太宰府天満宮から勧請されています。

その祭事では、さだまさしさんご自身が

神主さんの装束を着て参加された正真正銘の本物、

また、社は宮大工さんによって建てられた素晴らしい建築です。

d0360702_13354535.jpg






























この詩島天満宮は、35年の風雪もなんのその、

まったく大丈夫な状態でした。


そこに続く御影石の参道階段と鳥居がありますが、

鳥居の足下は腐食が見られ、扁額は色褪せていました。

d0360702_13360128.jpg














d0360702_13361429.jpg































階段の苔は高圧洗浄で綺麗に清掃して、

鳥居の脚元は腐食部の木部を入れ替え、

さらに銅板による腐食防止を施しました。

d0360702_13363178.jpg





























d0360702_13364398.jpg

















今回の番組、詩島の再生計画では放映されていませんが、

詩島のご神体、詩島天満宮も

しっかりと再生されています。

d0360702_13365359.jpg













d0360702_13370418.jpg














大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-05-02 17:30 | リフォーム設計 | Comments(0)