Jパネル1坪階段が広くて上がりやすい理由は?

d0360702_17180656.jpg






























在来工法の平面図によく見かける1坪階段。

1820×18204分割して、踊り場の一つを3分割、

9104分割、13階段というアレ。


在来で柱間910芯芯だと、120(4寸角)で石膏ボード厚12.5

クロス仕上げという一般的は仕様での階段巾の内法は、

910mm-120mm-25mm765mm

これに手摺が付くわけですから、狭い空間となります。


私も、専門学校ではこの階段は狭く、上がりにくいので

設計するときには、採用しないように気をつけてと教えます。


階段というものは、自分の住んでいる家以外には、

なかなか上がる機会がありません。

友だちの家に行ったとしても、そそくさと上がりますから、

上がりやすさとか、巾とかはあまり記憶に残りませんね。

ですから、自分の家の階段が急かどうかは気がつかないし、

昔からこういうものかという慣れもありますね。


そのため授業では、学生に自分の家の階段の、

踏み面、蹴上げ、蹴込み、段数、階高を調べてきて、

授業で、それを白板に書き出して比較します。


大体、踏面は215225mm

蹴上げ205215mm、蹴込みは230mm

段数は14段が多いです。これを普通と感じているようです。


これは、結構急な階段の部類ですね。

こういう階段は、降りるときの方が危なく、

大体かかとから踏み面に降りて、足先は出ているパターン。

d0360702_17181629.jpg














授業で使用する建築計画の教科書では、

登りやすい階段として、

踏面260~280mm、蹴上げ160~170mmとありますが、

これは、ゆったり過ぎて35坪前後の住まいでは

一般的ではありません。


私の設計する大壁や2×4住宅では、

踏面240~250mm、蹴上げ180~193mm、蹴込み20mmで、

段数はこれに準じてとります。

もちろん、大型住宅やRC造などでは変わってきます。

d0360702_17182523.jpg






























しかし最近の住宅では、上記の1坪階段を設計することが多い。

そこには、狭くならない工夫と秘訣があります。

構造形式が120角の柱に厚36mmのJパネルを落とし込む工法で、

その構造壁が仕上げとなる。

これですと、柱間の壁は、40mm引き込まれて、

かなりの広がりを感じます。


そして、問題なのは階段の中心の柱。

ここが厚くなることで、階段の巾が決まってきますが、

この壁をJパネル厚36mmだけで自立させる工夫をします。

また、踊り場を取らないで、3分割×2の廻り階段にしますが、

この場合には、手摺の位置と形状が重要となります。

回って上がるためには、手摺は縦に棒のようにあれば、

それを掴みながら回って上がることが容易になります。

d0360702_17183665.jpg






























こうした様々工夫をすることで、

広くて上がりやすくい1坪の廻り階段ができあがります。


・拡大団の勧め2017

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201705/article_2.html

・階段収納をもっと有効に使い込むその1

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201705/article_3.html

・階段収納をもっと有効に使い込むその2

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201705/article_4.html



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-05-15 18:12 | Jパネル | Comments(0)