隠し框木製建具引込ガラス-網戸のポイント

d0360702_06490980.jpg















気密性と断熱性、コストの関係から、

住まいの基本は、ペアガラスアルミサッシが標準ですが、

木製建具は、どかこに組み込まれることが多い。


それは、風景を効果的に切り取るためであったり、

同時に外観のアクセントや素材感、存在感を表現するなど、

さまざまな要素が反映されます。

d0360702_06492228.jpg






























この木製建具のウィークポイントとなるのが気密性。

断熱性は、ペアガラスとすることで対応できますが、

どうしても、隙間風への対処が必要となりますが、

この確保に有効なのが、隠し框という納まり。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201401/article_5.html


d0360702_06493335.jpg






































詳細は、上記のブログを参照していただきますが、

内側から見て、建具の框(枠部分)が内部枠より外に大きくなる仕様。

こうすることで、気密性が格段に上がり、

さらに、内部からガラス面だけしか見えず、

風景を効果的に切り取ります。


これに、ルーバー網戸を加えることによって、

外部からの視線を遮りつつ、通風を取り込むことができます。

d0360702_06494164.jpg






























ひとつひとつの建具を、朝昼夜、春夏秋冬によって、

使い分けることで、住まいの住環境が、

豊かになっていく、そんな木製建具はいかがでしょう。


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-05-18 06:54 | 木製建具 | Comments(0)