人気ブログランキング |

森を切り取る4m×1.9mの大開口木製建具

d0360702_09545215.jpg














とにかく、できるだけ大きな開口部で、

この森と向き合いたい・・・との要望で始まった

伊豆高原物語。

森の中にある18mのヒメシャラの株立ちと共に。


この十分すぎる要望から、住まいの配置や向き、

平面の成り立ち、そして広間から広がるデッキ、

その中から立ち上がる株立ちのヒメシャラを囲みながら・・・

敷地を歩き回る中で、そのイメージが湧き上がりました。


構法の選択としては、在来工法か枠組壁工法か

集成材軸組工法か。。。

d0360702_09550093.jpg














プレカット、生産工場、輸送、資材搬入路などなど、

コスト検証から判断して、導き出されたのが、枠組壁工法。


そうなると、耐力壁内での最大開口部巾は4m以下と

規定されていますが、住まいの規模・使い勝手からすると、

必要かつ十分な大きさだと思いました。

d0360702_09550848.jpg














4枚引き込みの建具は、ペアガラス戸+網戸で合計8本、

これが、すべて戸袋内に引き込まれて、

4m×1.9mの開口部が森と向き合います。


そして完成したお住まいは、1-2階それぞれの広間・寝室から

森とデッキが一体化した空間が広がり、

そこには、株立ちのヒメシャラが間近に感じて、

遠く大島を望む、絶景の広がりができあがりました。

d0360702_09551931.jpg




























そして、そのヒメシャラの脚元にも、

元からの小さな自然が、建て主の手により再生されています。

d0360702_09552737.jpg















詳細については、こちらから。

・巾4m×高さ1.9mの木製建具で森を切り取る

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201510/article_1.html

・巾60cm、長さ5.3m、重さ100kgの敷居と鴨居

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201511/article_1.html

d0360702_09553534.jpg














d0360702_09554515.jpg



























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-05-25 09:59 | 木製建具 | Comments(0)