階段上部の半透明クロゼット


            Before After

d0360702_06594160.jpg




















階段室上部の空間は、使い方次第で

様々な収納として使用できることは、

これまでもいつくかの実例で説明をしました。

・階段上部空間の活用事例1・作業カウンター

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201006/article_28.html

・階段上部空間の活用事例2・スライドクロゼット

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201007/article_6.html

・階段上部空間の活用事例3・着付教室サポート。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201007/article_8.html


今回の自邸のリフォームでも、

不足するクロゼットを増築することにしました。

ただ、ご覧の写真のように、

階段上は、2階と共有する窓があります。

ここをすべて壁にしてしまっては、

階段の上がり口に落ちてくる光がなくなってしまいます。



            Before After

d0360702_06595249.jpg




















これまでも、階下に光を落とす透明ブリッジを、

幾つかの住まいで実践しました。

・厚10mmポリカーボネート板による透明ブリッジ

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201006/article_24.html


今回は通路ではなくクロゼット。

不透明であることが要求されますが、

本当の不透明では、その光量が大幅に減ってしまい意味がなくなります。

そこで、素材として透明ですが、

多層質断面のためある程度の不透明性があり、

かつ、それ自体に強度がある優れもの、

AGC旭硝子のツインカーボ・タフネス厚25mmを床材に。

d0360702_07000049.jpg



























d0360702_07000842.jpg


















さらに、両側をツインカーボクリア厚6mmを壁として、

不透明のクロゼットを製作しました。

こちらのAGC旭硝子さんのカタログにも、

私の建具や目隠しの事例が、4点ほど掲載されています。

http://www.agc.com/polycarbonate/pdf/leaflet/tcarbo_all.pdf


また、奥行きが1,000mm以上ありますので、

手前に2段のハンガーパイプで洋服掛け、

奧にバックなど普段使いでないものの収納棚2段、

上部には、まくら棚1段と、

前後上下を有効に使用するクロゼットができあがりました。

d0360702_07001707.jpg






























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-06-02 07:05 | リフォーム設計 | Comments(0)