自邸庭木の大剪定は四年に一度


自邸庭木剪定前 Before

d0360702_07242176.jpg
















自邸の庭はヤマモミジの株立ち4株を主体にして、

ハナミズキが加わる落葉樹が基本構成。

塀沿いには、常緑樹で実のなる木、ヤマモモ、クロガネモチ

東西の目隠し樹として、アラカシ(ドングリの木)とシラカシ。


最初にコブシも植えましたが、最初の半年持たず枯れてしまい、

枯れ補償で植えたのが、フサアカシア(ミモザ)。

しかし、これがズンズン延びてしまい12m超となり、

黄色い花を周辺にまき散らすため、

これでは、近隣にも迷惑が掛かるので、諦めて伐採。


自邸庭木剪定後 After

d0360702_07243056.jpg














もう18年も経ちますと、それぞれが大木となり、

雑木林のようになり、夏は天然の木陰で日除け、

冬は葉が落ちて、必要な日光を取り入れます。


しかし、やはり個人での剪定では限界があり、

四年に一度は、当初からの造園屋さんに頼んで、

大々的に剪定作業をおこないます。


自邸庭木剪定前 Before

d0360702_07244123.jpg














二人+一人補助で、丸一日がかり、

剪定後の枝の量は、2tトラック四台分ぐらいになりますが、

そこで活躍するのが、剪定収集車。

これは、ゴミ収集車そのもので、グワァ~ンと圧縮して、

大量の剪定残を取り込みます。

d0360702_07250072.jpg






























毎回、大きなスズメバチやアシナガバチの巣が出てきますが、

今回は夏前のため、それはありませんでしたが、

その代わりに、山鳩の巣とヒナが一匹。

d0360702_07250652.jpg















庭にいつもやってくるつがいの山鳩で、

クレアとも仲良しですが、

いつもある巣・・・、これはもう空っぽでしたが、

今回は、それを再利用しての子育て真っ最中。


その部分の廻りのヤマモミジはそのままに、

巣立ちを見守ることにしましょう。

今回も、お世話になり、ありがとうございました。

また、四年後によろしくお願い致します。


自邸庭木剪定後 After

d0360702_07245155.jpg

















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-06-05 07:30 | 庭木 | Comments(0)