家事コーナーのタフネス断熱トップライト

d0360702_07211306.jpg

















断熱トップライトとは、

既製品のLow-eペアガラスのトップライトではなく、

他の素材を活用する造作トップライトのこと。


エンデバーハウス社のパーフェクトバリア

http://www.endeavorhouse.co.jp/index.html

この透過性のある断熱材を挟み込んだ

断熱トップライトはすでに実践投入済み。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201007/article_25.html


今回使用するのは、AGC旭硝子社製のツインカーボ・タフネス。

http://www.agc.com/polycarbonate/pdf/leaflet/tcarbo_all.pdf

透明でありながら多層質のため、

適度な不透明感があり、

また、乱反射によって光量はあまり落ちません。

昨日アップの半透明クロゼットの床にも使用しています。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_2.html


さらに、この多層質が空気層となるので、

断熱性能も期待できるということで、

出床として創り出した家事コーナーの

上部トップライトの内側に厚さ25mmタフネスを設置。

d0360702_07212036.jpg




























これで、お隣の窓からの視線も気にならず、

光量の拡散と断熱化をすることができました。

壁に使用したルナファーザー

+ルナしっくい(ホタテペイント塗装)により

豊かな朝日が食堂に導けるようになり、

一段と食堂空間の広がりができました。

d0360702_07213093.jpg



























また、トップライトに使用したのは、

同社の高耐候性シート カーボグラス 厚6 XLW クリア。

これは、外部に使用しても黄変劣化しない外部用ポリカーボネート板。

自邸にも、良い展示場が完成しました。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201705/article_1.html

d0360702_07213751.jpg



























いつも、大改造!!劇的ビフォーアフターで

ご協力いただくAGC旭硝子さん。

先日、2017.4.2放映のさだまさしの詩島再生計画でも、

母屋の見晴らしデッキに上がる棟屋でも使用しております。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-06-07 07:29 | トップライト | Comments(0)