屋根裏換気の出口デザインと棟換気

d0360702_06494408.jpg


















金属製屋根が多くなってきますと、

屋根裏の換気は、より重要となります。

屋根の上は、60℃近くまでになることもあり、

その熱環境は、そのまま屋根裏空間へ放射されます。


断熱材は、常に部屋内側へ設置しますが、

その天井と屋根裏の空間は、高温となり、

天井の断熱材設置不良や、気密不良がありますと、

夏型の結露である高温結露の原因となります。

d0360702_06493531.jpg


















この棟換気は、屋根形状や素材により、

製作することも多々ありますが、

やはり、屋根のトップのデザインもさることながら、

風雨対策には、万全を期さなければなりません。

なおかつ、屋根裏通気の出口ですから、

その基本がおろそかになってもダメなもの。


ここは、野地板に所定の通気用隙間を残すこと、

その後の納まりなど、すごく気を使って施工するところですが、

今回は、既製品を違和感なく一体化させることに注視。

d0360702_06495389.jpg


















d0360702_06500251.jpg



















いつもの落ち葉除け樋(すとっ葉゜ー)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html

と共に採用しましたのが、

ガルバリウム・棟まど(タニタハウジングウェア)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid53.html


L=910mmをそれぞれの棟内に配置し、

そこを連結する方法は、板金屋さんに相談。

板金屋さんの秀逸な納まりによって、

既製品とは思えないほど、スッキリと合っています。


さらに換気量の不足分は、十分すぎる大きさの換気ガラリを

入母屋妻壁の米松横桟の中に納めて、さりげなく。

設計と施工の見事なコラボレーションです。

d0360702_06500999.jpg














d0360702_06501806.jpg



















前回の屋根換気の入口デザインは、こちらから。

屋根裏換気の入口デザインと省エネ効果

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_8.html



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by ame-no-michi at 2017-07-20 06:57
とても丁寧なご紹介ありがとうございます。
Commented by atelier-m-archi at 2017-07-21 09:02
いつも板金屋さんに納めていただきますが、それぞれに技量を発揮してくれて、ありがたいと共に勉強になります。なかなかタイムリーに行けないのがたまにきずですが。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2017-07-20 06:54 | 住まいの設計 | Comments(2)