浜松・曳馬の家

d0360702_11562354.jpg
































・所在地:浜松市曳馬
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:90.96 m2
・延べ面積:79.54 m2
・2階建て
・竣工:2011年6月
・構造:枠組壁工法
  (信州材桧使用国産材枠組壁躯体)
・施工:常盤工業

浜松市の閑静な住宅街の一角にある台形型変形敷地27坪に
4人家族の住まいを計画する。
規模・予算共に非常にタイトであるため、無駄を省いた
敷地形状そのままを建物外形として、それを片流れ屋根の中に
収めていますが、変形地ゆえの平行でない壁が
建物内部に広がりを与えています。

1階には2.7m奥行きのポーチ兼ガレージを設けて、
雨が降っても後席は玄関先に直接降りられます。

d0360702_11563626.jpg





























d0360702_11564966.jpg




























d0360702_11565788.jpg

















主寝室は5帖ほどで壁も斜めで普通のベットが入らないため
下部収納付き造作ベットを2つ設け、また床を250mm下げて
天井高さを2.6m確保つつ、2つのクロゼット上部にも
収納スペースを創り出し、収納量を確保しています。

d0360702_11571180.jpg




























d0360702_11572290.jpg





























1170mm幅しかない洗面所ですが、トップサイドライトと
幅15cm高さ90cmのスリット窓で、明るさと風通しを確保しています。
また洗濯機脇に幅31cm奥行66cmスライド式タオル収納
が用意されています。

d0360702_11573482.jpg




























d0360702_11574297.jpg





























2階のキッチンにはサービスバルコニーを用意し、
対面する広間は造作テーブルと収納付き畳コーナー、
カウンター棚によって色々なレイアウトで生活シーンをサポートします。
6.5帖の子供室は幅2.7mのクロゼット付き、中央に既製品の
二段ベットを置き、その両サイドに造作机を本棚があって、
適度な距離を保っています。
付属する幅4mのバルコニーは1.4mの屋根の中にあります。

d0360702_11575252.jpg
















d0360702_11575976.jpg

















d0360702_11580699.jpg




























d0360702_11581619.jpg

















d0360702_11582384.jpg





























この建物の形状は、『静岡・岩本本町の家』に類似していますが、
オープンハウスを見学して、この住まいが良いということで継承しています。
内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としていますが、広間の勾配天井や厨房はナファーザー貼り素地張りで
全体の明るさを確保しています。
また洗面所はホタテペイント塗で調湿性能を加えています。
浴室外部には上部サービスバルコニー下を活用した坪庭と目隠し塀があり、
浴室から連続した広がりがあります。

駐車場アプローチは砂利敷き・コンクリート平板に住まい手の発想による
珊瑚砂利で構成され、1年後には枕木とサツキツツジが加えられ完成しました。

またこの住まいは、信州材による国産材枠組壁工法開発補助事業の
試行建設プロジェクトに認定されて、その構造躯体の2×4材には
信州桧が使用されており、構造構成でも
『静岡・岩本本町の家』と同じ思想で成立しています。

d0360702_11583312.jpg





























d0360702_11584048.jpg






























d0360702_11584801.jpg



















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by atelier-m-archi | 2018-05-03 12:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)