d0360702_11404827.jpg





















今月の東京での講演会のお知らせです。
facebookを通してご縁をいただいたのが、
全国で企業研修をおこなっている北村美由起さん。
その(株)北村クリエイト主催による講演会。

・『男の美学・講演会』
  熱くしなやかな3人の男たち

○高野誠鮮:僧侶、ローマ法王に米を食べさせた男
○高野登:人とホスピタリティ研究所
     元リッツカールトン日本支社長
○松永務:建築家 アトリエMアーキテクツ主宰

・2017年11月19日(日)
 13:20~16:40 開場13時
・会場:エッサム神田二号館4階
 東京都千代田区内神田3-24-5
・参加費(税込み) 
 1.5万円(プレミアム席)
 1.0万円(8/31申し込み)
 1.2万円(9/1以降申し込み)
 10/20締め切り 定員130名

まだ可能なようですが、よろしければお会いしましょう。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-11-01 17:49 | アトリエ生活 | Comments(0)

d0360702_11200085.jpg


















もう先月、夏のある日の出来事ですが。。。

アトリエの業務は、いつものBGMをネットラジオから・・・

というパターンですが、

それがある日突然に・・・・・・、

インターネットに接続できませんでした。。。


う~ん、もう何年振りかという状況に、

え~と、何をするんだっけ???


Macがまだ、PowerMac、OSが一桁番号の時代には、

フリーズは日常茶飯事、OS内部をアイコンで触れて、

機能拡張を外しては、何が当たっているかを確認したり・笑


そういう世界も、OSが二桁・X(テン)と呼ばれ初めて、

CPUがインテル製にシフトして、その内部も不可視かが進み、

iPodの登場辺りから、Winとも連動すると安定感が増し、

フリーズすることがめったになくなってくる。


そうなると、突然のトラブル時の対処に、戸惑うことに。


ひかり端末の動作状況をランプで確認、

ネットワーク環境から、新たにIPアドレスを取得し直して、

・・・・・とこれくらいが関の山。


ということで、NTT西日本の電話窓口へ。。。

こ、これがまた、繋がらない。

何度やっても、現在大変混み合っております、

しばらく経ってからお掛け直しください。。。

まぁ、それを無視してスピーカーにして待ち続けるのですが、

いつまでたっても繋がらない。


・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

で、3時間くらい経って、やっと・苦笑。


取り合えず、状況を説明して、

先方から遠隔操作で、状況を把握すると

どうやら、断線か、機械の故障か、どちらかということで、

本日午後に、時間は不明ですが、伺います・・・と。

一旦繋がれば、この辺りの対応はなかなか素早いですね。


いつ来るともしれず・・・で、夕方。

それとて、その日のうちにですから助かります。

d0360702_11200883.jpg





























まずは、ひかり電話ルーターにタブレットを接続して検査。

・・・・・84か。。。

それは、機器本体ではなくて、ひかり回線が

どこかで断線している状況らしい。

建物の取り込み口、道路上の回線をチェックします、

と言い残して、アトリエのある街区をグルグル回り、

しばらくすると姿が見えなくなる。。。


それから1時間・・・あれ、どこか近くの

他のところに修理に行ったのか?

と思い、道路に出てみると大通りとアトリエ中間に

2台のNTT者がブームを延ばして停車中。


しばらくすると、断線箇所を探し出して、

その間の光回線を交換していましたとのこと。

断線の原因は、クマゼミが卵を産み付け、

その過程で、接続箇所が断線していたようで、

そんなことがあるんですか?というと、

なんと、結構あるあるらしい。。。驚


セミさん、土の中に産まないと・・・。

かくして、3日振りに通信環境、ひかり電話・ファックスが開通しました。

d0360702_11201623.jpg





























携帯各社がひかり回線への数年限定割引での

囲い込みをはかっていますが、

私は、そこまで携帯会社に牛耳られるのは、

ちょっと???という気がして、

NTT部分をそのまま残しておりますが、

今回のようなトラブルで、まずひかり端末(携帯会社)を疑い、

それが問題ないと分かると、こんどはNTT回線調査と、

おそらく相当の時間が掛かっただろうと想像できます。


今や、通信環境は個人のみならず業務の根幹ですから、

やはり、この環境をNTTにこだわって良かったと感じます。


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-09-19 11:34 | アトリエ生活 | Comments(0)

d0360702_11404827.jpg





















久しぶりに東京での講演会のお知らせです。
facebookを通してご縁をいただいたのが、
全国で企業研修をおこなっている北村美由起さん。
その(株)北村クリエイト主催による講演会。

・『男の美学・講演会』
  熱くしなやかな3人の男たち

○高野誠鮮:僧侶、ローマ法王に米を食べさせた男
○高野登:人とホスピタリティ研究所
     元リッツカールトン日本支社長
○松永務:建築家 アトリエMアーキテクツ主宰

・2017年11月19日(日)
 13:20~16:40 開場13時
・会場:エッサム神田二号館4階
 東京都千代田区内神田3-24-5
・参加費(税込み) 
 1.5万円(プレミアム席)
 1.0万円(8/31申し込み)
 1.2万円(9/1以降申し込み)
 10/20締め切り 定員130名

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-08-14 11:49 | アトリエ生活 | Comments(0)

d0360702_15364818.jpg






















久しぶりの再会が、こんなことになろうとは。。。

訪れた誰もが、そう思ったに違いない突然のご逝去。


木造建築を極めるために、

大阪人の独特のスピード感、行動力を発揮して、

川上の山から川下の住まい手までを

一気に繋ぎ止めるべく、駆け抜けた人でした。


山があれば、広葉樹があれば、漆があれば、

製材所があれば、工務店があれば、

そこここに、神出鬼没。

そうして、まき散らされたその想いの種は、

さまざまな人々を結びつけ、さらなる種となり。。。


お別れの会に全国から訪れた450名超の人々が、

その確かな足跡の証しでした。


主宰の設計事務所のOB・OG、MOKスクール、

親交のあった建築家、建て主はいうに及ばず、

驚くべきは、林業関係者や製材所関係者の多さ。

まさに、三澤さんと繋がりを持った川上の多さでもある。


悲しみの中にも、笑いの起こるエピソードの数々。

建築家なのに、残された貯め込んだ広葉樹の行方・・・、

やっちゃん、やっさん。。。


私とは、東京の一色建築設計事務所に相前後して入所。

新人の私は、おっちゃん(一色ではこれが通称)には、

何かと面倒を見てもらい、よく怒られました。

東京での口癖は、『遅い、汚い、間違ってる』

もちろん、手描き時代の図面のお話し・笑。


美濃紙に平行定規の一色事務所時代、

おっちゃんの脅威的な図面スピードは、

勾配定規を左右の手で持ち替えて描くしぐさ・驚

三澤さん在来から一色で、枠組壁工法に取り組み、

文子さんは現代計画で、民家型構法に取り組み、

ご夫婦で、異なる構法の事務所というのも珍しい。


また事務所に勤めながら、

三澤さんご夫婦が最初に手掛けた奈良の家、

その模型制作を依頼されて、

新人激務の仕事の間に、さらに激務の模型制作・・・

最後は、ご夫婦のマンションで仕上げチェックで。。。


一色事務所の蓼科アトリエ自力建設では、

四年間に渡り、寝食働を共にしましたね。

ブログを振り返ると、在りし日の姿がありました。


・久しぶりの蓼科アトリエ・悶朗(モンロー)神社開祖。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201207/article_8.html

・建築師匠の蓼科アトリエへ

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201207/article_7.html


牡蠣5個まで事件や納賀さん(ボス)の知らない図面チェック、

ポールルドルフ・ギブミーサインなどなど、

大阪に負けず劣らず、東京時代もエピソード満載でした・笑。


現在の自宅を新築されたときには、

そうそうに訪れて宿泊し、

三澤さんご夫婦と夜遅くまで、

お酒を吞みながら語った想い出、

胡桃山荘で、予定外の再会をして語らった想い出。。。


あまりにも、突然のことでまだまだ現実感がありませんが、

お別れの会の前に、十数年振りに三澤さんの空気を吸おうと、

ご自宅を訪れて外から見守っていると、

偶然に、文子さんと娘さんとお会いでき、

しばし事務所に佇んで、おっちゃんと会話ができました。


三澤康彦さんが、建築に撒かれた種は、

三澤文子さん、そして事務所のスタッフ、OB・OG

MOKスクール、林業・製材関係者、漆関係者によって、

確実に、確かに、広がっていくはずです。

今度は、じっくりと落ち着いて、その成長を見守ってください。


私も後発ながら、静岡から木の魅力・Jパネルの良さを、

発信していきたいと思います。


合掌


d0360702_15365776.jpg






























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-06-17 15:41 | アトリエ生活 | Comments(0)