カテゴリ:アトリエMアーキテクツ( 40 )

2019迎春

d0360702_10344469.jpg

































迎春。

今年もアトリエから心地よい住環境を
創造していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2019-01-01 10:37 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_11581169.jpg







































今年は還暦・年男
・・・人生まだまだこれからというためには、
やはり健康な身体が基本。

そして立てた目標は、月間100km、年間1,200kmを走る。
静岡マラソン2019のフルマラソン挑戦の地足を鍛えること。
そして、昨日のハーフ走り納めで合計してみると…

1月 :102.4km 9ラン
2月 :136.0km 12ラン
3月 :101.2km 9ラン
4月 :118.8km 12ラン
5月 :143.0km 12ラン
6月 :145.9km 12ラン
7月 : 77.94km 7ラン
8月 :117.1km 11ラン
9月 : 53.07km 4ラン
10月:170.9km 11ラン
11月:100.9km 7ラン
12月:92.26km 5ラン

合計1,359.47km 111ラン

目標を遙かに超えておりました♫
1月には1回10kmだった距離も、
10月の走り込みからは1回15kmに伸ばして、
今月は2回のハーフを走ってみて、
着実に地足が付いてきたと感じました。


d0360702_11582191.jpg







































走った距離は嘘をつかない、
仕事と一緒で、地道に一歩一歩、歩んで・・・
いや、走り込んで参ります。

もう十数年となるランニング生活も
延べ走破距離は4273km
Nike Run Clubのブラックレベルまで727km

4273km 493ラン 平均6’10”/km
1km:最速3’45”
5km:最速24’40”
10km:最速53’26”
ハーフマラソン:2h03'51"

来年2月の静岡フルマラソン2019は、
人生初のフルマラソン挑戦に、なんと誕生日...
来年も、無理のない程度に走ります。
仕事は・・・・・無理無理で走りますが・苦笑

では皆さん、よいお年をお迎えください。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-12-31 11:55 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

リフォームの教科書

d0360702_07552923.jpg


























静岡県内および近郊で発売されます「リフォームの教科書」
一般社団法人 静岡県安心安全リフォーム協議会発行の

巻頭8ページに、私の静岡県内で担当した大改造‼︎劇的ビフォーアフターの二物件と
東京時代に設計担当して、22年後にその住まいをリフォームした
物件と共に掲載されております。

静岡県もバックアップして、県内で、真面目に、そして誠実に
リフォームに取り組んでいる工務店や企業のリフォーム事例、
リフォームのポイントや留意点、建材使用やその活かし方などなど、
盛りだくさんの内容で、税込540円のは安!!

公共施設や病院にも配布されるとのこと。
もしご興味がありましたら、手にとってご覧ください。

掲載されているリフォームのブログ記事はこちらです。

<静岡・清水銀座の家>

<富士富士岡の家>
・ツリーデッキは挟み込み式。
・封印されたソーラーウォーマー。
・春の2hスペシャルのフォローアップ・第二弾。
・新しい家族の折り畳みベット。

<東京上板橋の家>
・板橋T邸リフォーム・オープンキッチン完成。
・板橋T邸リフォーム・サンルームパティオ完成。
・板橋T邸リフォーム・和室から書斎へ。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-12-19 08:00 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_15064962.jpg

















9/28の専門学校の授業は、
毎年恒例の外部講師を招いての特別授業。
いつも仕事でお世話になっております、
タニタハウジングウェア・谷田社長による講義です。
『雨のみちをデザインする』

いつもお忙しい合間を縫って、
静岡に来ていただいております。
どうも、ありがとうございます。

・雨のみちデザイン・ウェブマガジン
建築家の様々な『雨のみち』試みをインタビューと共に読み解きます。

・谷田社長のブログ
全国で活動されている谷田氏が垣間見られます。

d0360702_15071513.jpg

















以下は、私の設計した住まいの解説ページリンクと
そこで使用したタニタハウジングウェアの樋と建物デザイン。
それぞれの住まいにとって機能上かつデザイン上、
密接な関係のある、必要な選択となっています。
それぞれに、使用した樋製品へのリンクが張ってあります。
ご興味のある方はご覧ください。

・多摩区・生田/小田急沿線の家。
ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような
モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。
d0360702_15072370.jpg















・静岡・国吉田/静岡市内を一望する家。
大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン
d0360702_15073437.jpg













・熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。
10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には
落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。
d0360702_15074288.jpg












・静岡・大谷/相模湾を望む家。
山からの落ち葉対策と共に、
ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて
屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。
d0360702_15075021.jpg












・富士・吉原の家。
深い軒先の先端をすとっ葉°ーで押さえ、
大きな入母屋屋根の大らかさを表現。
d0360702_15080488.jpg











・静岡・国吉田の家2。
・静岡・池田山の家。
切り妻のシンプルな屋根に合ったシンプルな半丸樋。
d0360702_15081620.jpg






















・静岡・豊田の家。
特徴的な軒裏の米松押し縁の軒先押さえを兼ねた箱型樋。
d0360702_15082568.jpg










・広島/呉・大之木ダイモモデルハウス・木香(このか)の家。
シンボルツリーのために屋根に空いた開口部から「ensui」(鎖樋)
d0360702_15083799.jpg















樋・すとっ葉°ーの雨水流入実験装置動画。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-10-03 15:24 | アトリエMアーキテクツ | Comments(2)

d0360702_17095163.jpg































・所在地:東京都文京区根津
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:40.47 m2
・延べ面積:53.59 m2
・2階建リフォーム
・竣工:2007年5月
・構造:在来工法
・施工:泉谷工務店

d0360702_17100365.jpg





















築40数年、敷地面積12坪に建つ16坪の
住まいの耐震補強及び全面リフォーム。
建ぺい率60%容積率300%、既存の1階床面積が8.5坪ですから、
リフォームするためには1坪以上減築しなければなりません。

しかしながら連なる同じ広さの敷地を見渡すと
どう見ても建ぺい率・容積率オーバーの3階建ての住宅が続く。
大都市圏の元長屋がそれぞれ切り離されたような
狭小宅地にありがちな既存不適格建物・・・
というよりも、確認申請無しの違反建替工事。

建て主さんにその旨をお話しするが、
周りがあそこまで建っているので何とかなりませんか・・・と。
さすがに一級建築士として違反建築を設計することはできず、
では相談だけでもと区役所に出向く。

住所を言っただけでこの地区の現状をよくご存じの様子。
今回の住まいの目的である、耐震補強をおこなう
リフォームのお話しをすると・・・
こうして正直に相談に来られた方が不利となることは
避けたいので、耐震補強を目的として既存2階建てでの
リフォームであれば(3階建てにしない)
確認申請の必要はありませんと、まさに大岡越前裁きの見解をいただく。

d0360702_17101716.jpg


































やはり正直さは大切なことですね。
こうしたリフォームでは既存図面が無いことが多く、
まずは既存図面を描いてからリフォーム案を作成して、
それに基づいて構造計算をおこないます。

基礎は既存基礎周囲にベタ基礎を追加し、
内部にも基礎を新設して、ホールダウン金物を設置して
現行基準に合う耐震補強をおこないます。
ここでは耐震等級2(基準×1.25倍)以上としています。

d0360702_17102695.jpg

























また、2階部分下には柱を追加できないので、
鉄骨により上部荷重を階下の柱に伝えるようにし、
さらに既存瓦屋根から金属屋根に変更して上部荷重を減らしています。

こうしたことも構造事務所と連携して、臨機応変に対応することで、
狭い室内空間を最大限に活かせるような補強としています。

道路側の6帖和室に階段室を取り込んで7.1帖の広間として
ソファコーナーを設け、その対面に収納階段と
その下に食堂コーナーを組み込み、それに連続する
厨房を加えて、住まいの対角線上に広がりを持たせています。

d0360702_17104199.jpg






























d0360702_17105068.jpg


































造作による食堂テーブルは普段は1400mmですが、
来客時には、さらに300mm広げることができます。

d0360702_17110208.jpg





























d0360702_17112257.jpg





































以前は台所と兼用だった脱衣場は、
独立した洗面ユーティリティと便所を設けています。
洗面タオル収納と厨房の電子レンジ置場は
55cm角のスペースを縦に組み合わせた効率的な収納、
窓のない洗面ユーティリティには広間の光を便所高窓から導くなど、
充実した収納と明るさのある生活空間を創り出しています。

d0360702_17113789.jpg























d0360702_17115151.jpg





























d0360702_17120550.jpg
































d0360702_17121602.jpg











































祖母室には畳ベット収納と2つのクロゼット、
仏壇置場と作業机を設ける共に、建て主からの要望で
万一の時に北側に脱出できる引き戸があります。
また、ベット脇の通風窓と入り口の回転欄間で、
自然通風が取れるようになっています。

d0360702_17122995.jpg





























d0360702_17123803.jpg






































2階の寝室と書斎は小屋組を現した勾配天井と下屋上バルコニーを追加して、
それぞれを引き戸で仕切ることで明るさと通風と広がりある空間となっています。

d0360702_17124856.jpg





































1.解体工事
2.基礎補強工事
3.躯体補強工事1
4.躯体補強工事2
5.電気設備工事
6.造作工事
7.建具金物工事
8.造作家具工事1
9.造作家具工事2
10.完成
11.玄関扉
12.引き戸


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-07-18 17:25 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

伊豆の森の中に囲まれて、森の中に住まうだけではなく、
5mの巨大な水槽で淡水魚や水生生物を成育させて、
予備の水槽まで増設して、別荘からの斜面に小径を造り、
そこには、畑まで造って野菜づくり。
存分に森の中の生活を満喫する別荘。

沖縄の海岸沿いに建ち、
そこはまるでプラベートビーチ。
堀座卓の和室広間とバーベキューデッキ、
厨房、玄関、浴室すべてが海に向き合う。
敷地内を流れる水路を渡るブリッジの向こうには、
赤瓦の離れのあるプライベートな庭も海に向かい合う。
沖縄の海に向き合い、その自然と一体化する別荘。

山と海に向き合う別荘のお話し。

・静岡・伊豆高原の別荘:129.18m2 2016年5月
d0360702_07460820.jpg
































・沖縄・恩納村の別荘:153.66m2 2015年8月
d0360702_21541791.jpg








































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-07-02 16:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

大型住宅の住まい感

面積が大きい、いわゆる広い住まいでは、
一見すると色々な要望をかなえられそうですが、
そこには住まい手それぞれのこだわりの部分が多くあり、
ただ単に大きい住まいということはあり得ません。

私のアトリエでも、よく聞く話ですが、
ハウスメーカーでは、40坪の住まいのそれぞれの居室が
大きくなっただけの70坪の住まいといった風に、
部屋が大きくなっただけの住まいしか提案されず、
魅力的な住まいにならないんですよ・・・と。

ここには、ゆとりのある住まいだからこそ、
活かすべき生活空間の提案が多く含まれています。

・富士・吉原の家:171.28m2 2011年12月
d0360702_15114663.jpg
































・静岡・大谷の家:300.25m2 2009年12月
d0360702_15113587.jpg

































・静岡・千代田の家:378.73m2 2007年8月
d0360702_15112418.jpg
































・静岡・国吉田の家:314.88m2 2003年1月
d0360702_15111585.jpg


































・静岡・駿河台の家:155.45m2 2002年11月
d0360702_15110084.jpg

































・静岡・池田の家2 :289.79m2 1998年5月
d0360702_15105167.jpg

































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-06-16 15:15 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

延べ面積100m2の住まい

延べ面積100m2以下の住まいでも、
さまざまな工夫次第で、4人家族のための
狭さを感じない広がりある生活環境が実現できます。
空間の豊かさと家族の気配を感じる住まい、
そんな住まいがここにあります。

それぞれのリンクから住まいごとに写真と解説をご覧いただき、
皆さんの住まいの参考になれば幸いです。

・広島・呉 木香の家:99.96m2-2016年5月
d0360702_16122714.jpg
































・静岡・池田山の家:99.36m2-2014年3月
d0360702_15225532.jpg
































・浜松・曳馬の家:79.54 m2-2011年6月
d0360702_11562354.jpg

































・静岡・岩本本町の家:71.36m2-2010年5月
d0360702_13420415.jpg

































・浜松・鴨江の家:98.39m2-2009年4月
d0360702_10251052.jpg





















・静岡・城東町の家:94.70 m2-2004年9月
d0360702_17553825.jpg


































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-06-11 11:30 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_00173060.jpg


























三菱商事建材のモイス(MOISS)をご存じでしょうか。
内装用のモイスNTと構造用のモイスTMの二種類があり、
珪酸カルシウムに、バーミキュライトという鉱物を
加えて形成された板材で、以下のような特徴があります。

・高い調湿機能。
・ホルムアルデヒドの吸着、低減。
・アンモニアなどの吸着、低減。
・ウィルスを吸着、増殖を抑える。
・有害物質が発生しない防火・耐火性能。
・優れた加工性と施工性・・・曲げ加工も可能。
・耐力壁用タイプの面材は、最大壁倍率3.8倍
・土に還る優れたリサイクル素材
・手軽なメンテナンス・・・サンドペーパー等で汚れ落とし

端的に言えば、このモイスをそのまま仕上げ材として張れば、
調湿機能をもった不燃の壁・天井仕上げとなり、
余った端材なども調湿材や保湿材として活用できます。

d0360702_00174378.jpg

















内装用モイスに構造用面材としての耐力を持たせた
構造用モイスTMは構造用合板の代わりに使用することができます。
これを使用すれば、外壁を金属板で仕上げる場合に、
その上に、直接仕上げることができて、
一般的な構造用合板を使用した場合に必要な不燃下地としての
石膏ボードが必要なくなり、コスト減と工期短縮に対して、
非常に有効な手法となります。

d0360702_00175204.jpg















これは、離島などでは非常にメリットのある建材であり、
朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターでは、
離島物件担当・島の匠として、
八丈島や波照間島のリフォームで使用させて頂きました。

・八丈島 ― 窓を開けてはならない家 2012年7月20日O.A.
d0360702_00180440.jpg
































d0360702_00181037.jpg





























・波照間島 ― 雨も土も降る家 2016年3月6日O.A.
d0360702_00181822.jpg




























d0360702_00182418.jpg





























また、静岡市の清水銀座商店街の店舗併用住宅のリフォームでは、
防火地域内の木造ということで、すべての壁・天井仕上げで
このモイスを使用しています。
・清水銀座の家― 娘が窓の外で寝る 2005年3月6日O.A.
d0360702_00183432.jpg
















d0360702_00463251.jpg

















d0360702_00184926.jpg
























今回モイス(MOISS)のHPがリニューアルされて、
その中のモイスプレスに私のインタビュー記事が掲載されました。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-06-05 00:34 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・小鹿の家

d0360702_18315124.jpg




























・所在地:静岡市小鹿
・主要用途:専用住宅
・敷地面積: 96.60 m2
・延べ面積:116.81 m2
・2階建て
・竣工:2004年3月
・構造:枠組壁工法
・施工:久保田建設

いわゆる旗竿宅地と呼ばれる道路から3m幅の敷地延長から
奥に敷地がある形状で、なおかつその部分は変形の台形をしていて、
実質の建てられる敷地は23坪ほどの広さ。周囲に建物が密集して、
唯一南側がマンションの駐輪場前で陽当たりがあるものの、
その部分が一番敷地幅の狭い4.9mほどという条件の悪い敷地でした。

ここに4人家族の明るい住まいをいかに創り出すかが大きなテーマです。
建物は敷地形状なりの一片が平行でない変形台形に片流れ屋根を
掛けたボリュームを切り取っていますが、平行でない壁が、
かえって内部に広がりを与えています。

ガルバリム鋼板で覆われた外観には、
各開口部すべてに特注の庇が付き、南側のバルコニーは持ち出しの
袖壁と屋根に覆われたプライバシーの高くなる工夫があります。

d0360702_18321162.jpg





























d0360702_18324557.jpg

















d0360702_07462601.jpg


















南側に広間と吹抜と2.2mの開口部を上下に設けて、
南からの光を住まい内部に深く導いています。
この吹抜には南バルコニーへの通路が延びていますが、
光を妨げないように厚10mmのポリカーボネート製の
透明な床となっています。
ここは照明があり夜には照明ルーバーの役割も果たします。
またバルコニー床もグレーチングとして、
冬の陽射しをできるだけ邪魔しないように取り入れることを考え、
夏の日差しと西日は、屋根と袖壁でカットするようにしています。

d0360702_18333998.jpg





























d0360702_18340109.jpg





























d0360702_18341321.jpg

















d0360702_18343902.jpg


















この広間・厨房・食堂は、通路と収納階段部分も取り入れることで
20帖の広さがあります。また玄関脇から広間への通路壁面には
クロゼットや収納があり、これとは別に、厨房→洗面ユーティリティ
へのサブ動線を確保して、1階部分に回遊できるようにしています。

d0360702_18351034.jpg






























2階には主寝室と子供室2室がありますが、
いずれも造作ベット・クロゼット・ロフト収納・ハシゴが用意されています。
主寝室のベット間には板を渡すことで、畳コーナーのようになる
畳ベットとなっています。

d0360702_18373701.jpg





























d0360702_18374656.jpg





























d0360702_18380733.jpg


















片方の子供室は2階部分で2m幅しか取れていないですが、
ベット・机・本棚・クロゼットが用意された勉強・就寝スペース
と位置づけ、ロフトは遊びコーナーとして上下に分けていて、
玄関前に跳ね出した特徴的な外観を創り出しています。

d0360702_18403299.jpg





























d0360702_18322547.jpg






























洗面所には出床としたトップライト兼収納スペースが、
2階便所にも出床としたトップライト兼洗面があり、
密集地でも昼間は明かりいらずの生活環境となっています。
鋭角北コーナーが洗い場にある浴室は、そこをベンチと
トップライトに活用して、こちらも明るさが確保されています。

d0360702_18404663.jpg





























d0360702_18405562.jpg





























d0360702_18410463.jpg





























d0360702_18411444.jpg






























内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としつつ、広間・厨房や一部壁はルナファーザーAEP塗り
としています。広間・食堂には温水床暖房が設けられています。
外部のデッキと米杉板張り塀のおかげで、広間の延長空間として
唯一の南庭をより活用できるようにしています。

d0360702_18421395.jpg



































d0360702_18422035.jpg



































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2018-05-24 07:31 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)