d0360702_16273740.jpg
















10/25の専門学校の授業は、

毎年恒例の外部講師を招いての特別授業。

いつも仕事でお世話になっております、

タニタハウジングウェア・谷田社長による講義、

今回は、2017年グッドデザイン賞記念講演です。

『雨のみちをデザインする』

http://www.tanita-hw.co.jp/


昨年に続き、今年も2つの商品が2017年グッドデザイン受賞。

おめでとうございます。

・TANITA GALVA:雨とい、スパンドレル、屋根材、換気棟、クサリトイ他

・エコテクノルーフ

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid102.html

d0360702_16280969.jpg






























d0360702_16275778.jpg




























いつもお忙しい合間を縫って、

静岡に来ていただいております。

どうも、ありがとうございます。


多摩区・生田/小田急沿線の家。

ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような

モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html

d0360702_16282569.jpg


















静岡・国吉田/静岡市内を一望する家。

大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html

d0360702_16283495.jpg















熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。

10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には

落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41

d0360702_16284596.jpg














静岡・大谷/相模湾を望む家。

山からの落ち葉対策と共に、

ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて

屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/product.php?md=2&sid=41

d0360702_16285453.jpg















静岡・国吉田の家2。

静岡・池田山の家。

切り妻のシンプルな屋根に合ったシンプルな半丸樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html

d0360702_16290504.jpg


























静岡・豊田の家。

特徴的な軒裏の米松押し縁の軒先押さえを兼ねた箱型樋。

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid38.html

d0360702_16291807.jpg












・広島/呉・大之木ダイモモデルハウス・木香(このか)の家。

シンボルツリーのために屋根に空いた開口部から「ensui」(鎖樋)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid96.html

大之木ダイモモデルハウス・木香の家

http://daimo.jp/kinoie/modelhouse/4960/

d0360702_16293042.jpg

















雨樋・すとっ葉°ーの雨水流入実験

https://www.youtube.com/watch?v=IMDiFdBF3Gw&feature=youtu.be



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-10-25 16:38 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07463890.jpg




















アトリエMアーキテクツの住まい紹介のお知らせ。

これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。


一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務

〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2 

TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649

メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp

http://atelier-m-architects.at.webry.info/

http://facebook.com/tsutomu.matsunaga


今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。

どちらも、表扱いですが、

それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。


Jパネル、JPウォールは、

いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07464862.jpg
























さだまさしさんの詩島再生計画でも、

母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、

構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。



d0360702_08153979.jpg

































・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


d0360702_09451014.jpg





















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝

https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html

d0360702_08154638.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-10-10 22:56 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_18205495.jpg

















静岡県内で2×4住宅を展開する

創業37年目の片瀬建設は、

今年から静鉄グループの一員となっていましたが、

今日10月1日より静鉄ホームズと社名変更とのこと。


傘下にあるパネル工場が大井川と富士にあり、

私の仕事でも、2×4住宅の躯体工事を

本体工事とは分離して請け負ってもらっています。


その施工精度は、複雑な屋根形状でも難なく合わせて、

工場での打ち合わせや現場でも対応など、

私の仕事をサポートする信頼のおける会社となっています。


また、静岡のSBSマイホームセンターの

静岡展示場の片瀬建設モデルハウスでは、

企画デザインのお手伝いをさせていただきました。

d0360702_18223530.jpg














こちらは、フランクロイドライトの

プレーリーハウスをイメージしたデザインとなっています。

内部も、1軒の大邸宅を造るのではなく、

ゆったりとしたLDKに加えて、

2階には、35坪前後の住宅への提案である

コンパクトでありながら、豊かな空間を持つ、

もう一つのLDKを表現しています。


社名が変わっても、社員の方々はそのままですので、

これからも、引き続きよろしくお願い致します。

d0360702_18210881.jpg

















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-10-01 18:31 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07463890.jpg




















アトリエMアーキテクツの住まい紹介のお知らせ。

これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。


一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務

〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2 

TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649

メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp

http://atelier-m-architects.at.webry.info/

http://facebook.com/tsutomu.matsunaga


今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。

どちらも、表扱いですが、

それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。


Jパネル、JPウォールは、

いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07464862.jpg
























さだまさしさんの詩島再生計画でも、

母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、

構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。



d0360702_08153979.jpg

































・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


d0360702_09451014.jpg





















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝

https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html

d0360702_08154638.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-09-11 00:53 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07463890.jpg




















アトリエMアーキテクツの住まい紹介のお知らせ。

これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。


一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務

〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2 

TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649

メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp

http://atelier-m-architects.at.webry.info/

http://facebook.com/tsutomu.matsunaga


今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。

どちらも、表扱いですが、

それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。


Jパネル、JPウォールは、

いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07464862.jpg
























さだまさしさんの詩島再生計画でも、

母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、

構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。



d0360702_08153979.jpg

































・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


d0360702_09451014.jpg





















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝

https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html

d0360702_08154638.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-25 09:33 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_06494408.jpg


















金属製屋根が多くなってきますと、

屋根裏の換気は、より重要となります。

屋根の上は、60℃近くまでになることもあり、

その熱環境は、そのまま屋根裏空間へ放射されます。


断熱材は、常に部屋内側へ設置しますが、

その天井と屋根裏の空間は、高温となり、

天井の断熱材設置不良や、気密不良がありますと、

夏型の結露である高温結露の原因となります。

d0360702_06493531.jpg


















この棟換気は、屋根形状や素材により、

製作することも多々ありますが、

やはり、屋根のトップのデザインもさることながら、

風雨対策には、万全を期さなければなりません。

なおかつ、屋根裏通気の出口ですから、

その基本がおろそかになってもダメなもの。


ここは、野地板に所定の通気用隙間を残すこと、

その後の納まりなど、すごく気を使って施工するところですが、

今回は、既製品を違和感なく一体化させることに注視。

d0360702_06495389.jpg


















d0360702_06500251.jpg



















いつもの落ち葉除け樋(すとっ葉゜ー)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html

と共に採用しましたのが、

ガルバリウム・棟まど(タニタハウジングウェア)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid53.html


L=910mmをそれぞれの棟内に配置し、

そこを連結する方法は、板金屋さんに相談。

板金屋さんの秀逸な納まりによって、

既製品とは思えないほど、スッキリと合っています。


さらに換気量の不足分は、十分すぎる大きさの換気ガラリを

入母屋妻壁の米松横桟の中に納めて、さりげなく。

設計と施工の見事なコラボレーションです。

d0360702_06500999.jpg














d0360702_06501806.jpg



















前回の屋根換気の入口デザインは、こちらから。

屋根裏換気の入口デザインと省エネ効果

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_8.html



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-20 06:54 | 住まいの設計 | Comments(2)

d0360702_07301462.jpg


















東京・一色建築設計事務所時代より、

各ハウスメーカーや同社系列不動産と連携して

いろいろなプロジェクトを協働する機会がありました。


モデルハウスの設計から始まり、商品住宅開発、

団地開発からまちづくりに至るまで。

また、基本設計をした住まいをメーカーの設計施工システムで

創り上げるという協働もあります。


そこでは、各社のノウハウであったり、

大量生産による高品質な部品供給、

年代による性能面での拡充などなど、

独自の商品住宅としての供給システムがあり、

設計事務所の個別設計とは違った視点から

住まいを考える機会となります。


掛川にあります、積水ハウスの静岡工場は、

巨大な生産拠点ですが、そこに住まいの夢工場という

ユーザー体験型の施設があります。


今回、縁あって視察する機会があり、

久しぶりに、積水ハウスの住宅について勉強させていただきました。

歴史年表の中に、1980年代の一色時代のプロジェクトの

写真などもあり、懐かしく拝見しました。

d0360702_07302509.jpg





























私も、東京時代21年、静岡に居を移してから19年、

静岡でも、メーカー住宅や企業住宅の

商品開発に携わりましたが、

また新たな出逢いと共に、

いろいろな面でお手伝いができればと思います。


メーカー住宅であっても、設計事務所の住まいであっても、

住まい手目線は同じですから。。。


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-06-14 07:32 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07140095.jpg
















住まいのデザインを大きく形づくるのは、

屋根と外壁。

特に、屋根形状はデザインもさることながら、

庇の出と日射遮蔽率や通気口など、

省エネ効果に大きく寄与する部分となります。


そんな屋根形状ですが、

完成してみると、外部から眺められる機会は、

近隣関係で多くの空地があれば別ですが、

案外少ないということが、よくあります。

d0360702_07142096.jpg















そんな時、一番目に入ってくるのが軒裏。

まさに、屋根や庇の裏扱いですが、

そこが一番目につく所となります。


ケイ酸カルシウム板の有孔板とVP塗装、

或いは、同様の既製品軒裏材。

これらは、あまり特徴のある材料ではないので、

外壁のグレードがアップするほど、

その差が際立って、よりチープに見えることも多々。


かといって、木を張るには、下地防火処理を含めて、

コストが掛かって来ます。

d0360702_07141157.jpg
































ここで、ご紹介する二例。

ひとつは、マンサード屋根という特殊な形状ですが、

屋根材を同じ、ガルバリウム鋼板で巻いている軒裏。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201511/article_3.html


もう一つは、ケイ酸カルシウム板の有孔板とVP塗装の上に、

米杉板を押し縁として、均等感覚に打ち付けた例。

軒先の一列を有孔板にして通気口として、

残りは軒裏押し縁の役割と共に

木質の素材感を高めています。

d0360702_07142863.jpg














人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-06-13 07:17 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07243312.jpg

















住宅の屋根は、全体が見える所と
部分が見える所があります。

この部分が見える所、
これが実は、屋根以上に目に停まり、
住宅の雰囲気を決めてしまう軒裏・軒先でしょう。

断熱等級ばかりが目立ちますが、
それと同時に、平均日射熱取得率η(イータ)Aも重要。
そのためには、窓のペアサッシによる断熱化と共に、
庇による遮蔽が欠かせません。

外部の簾や緑のカーテンが有効なように、
古来から、そういう工夫がありましたが、
いままさに、そうしたことが再認識され、
数値化されて、住まいの省エネをサポートしています。
d0360702_07244163.jpg
























その屋根の深い庇、そこには屋根裏換気の
外気の取り入れ口でもあります。
この通気がなければ、その省エネも成り立ちません。
屋根裏に溜まった熱気が、内部環境に影響し、
また、高温結露の原因にもなります。

通常は、穴の空いたケイカル板を適度に設けて、
それ以外を、既製品の軒裏材で、が一般的。
私の場合は、木を張ることが多いのですが、
ときには、OSB合板も使用します。
合板で大丈夫?という気もするでしょうが、
自邸でも実践していますが、20年経っても問題ありません。
その辺りは、また次の機会に・・・。
d0360702_07245118.jpg

















軒裏に張る木は、米松板厚10mmが多いですが、
これに、ステンプルーフ(コシイ)という
撥水性の高い防腐防虫の保護材を塗布します。
キシラデコールという同材も。

もちろん、防火性能を考えて
その下に、耐火板厚12を併用しています。
こうした軒裏では、既製品の通気口
というわけにはいけませんから、
防虫用のサランネット(網戸材)の上に、
アルミパンチングメタルを米松材で留め付け、
軒裏の質感と一体となった通気口を製作しています。

住まいの質感はそれぞれですが、
これは、ちょっと上級仕様とはなりますが、
その住まいの質にあった軒裏造りも必要です。
d0360702_07250106.jpg















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-06-12 07:28 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07463890.jpg




















本日6/3(土)、静岡市内の一部地域限定となりますが、

アトリエMアーキテクツの住まい紹介が配布されます。

これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。


一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務

〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2 

TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649

メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp

http://atelier-m-architects.at.webry.info/

http://facebook.com/tsutomu.matsunaga


今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。

どちらも、表扱いですが、

それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。


Jパネル、JPウォールは、

いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07464862.jpg
























さだまさしさんの詩島再生計画でも、

母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、

構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。



d0360702_08153979.jpg

































・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


d0360702_09451014.jpg





















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝

https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html

d0360702_08154638.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-06-03 08:16 | 住まいの設計 | Comments(0)