d0360702_08030542.jpg

















さだまさしさんの詩島再生計画が完成して4ヶ月。

相変わらずコンサート、NHK生さだ、そして曲作りと
多忙な日々をお過ごしのさだまさしさん。
折に触れてその後の詩島の様子をご報告したり、
メンテナンスの打ち合わせをしたり、
そして、直接お電話もいただいたりと、
再生した詩島を継続するべくサポートは継続しています。

個人所有の島ということで、新しいものは何でも
台船を牽引し、外から運び込まなければならない。
d0360702_08031422.jpg















詩島内にある既存の各施設を再整備する中で、
35年前に建設されたバンガロー棟は解体しましたが、
木造躯体や屋根材・外壁材などは詩島のレガシーとして
別の施設に転用・再活用しました。

その中に、ログハウスの母屋のキッチンがありました。
35年前にも関わらず、人工大理石を使用したワークトップ、
キャビネットはしっかりしており、
これは再利用可能と判断して、カウンターは磨き上げ、
扉はのみ新たに取り替え、
より海の見える新たな位置に移動しつつ、
モーニングカウンター・ベンチを併設しました。
d0360702_08032224.jpg



























そんなキッチンセットを番組を観た企業が、
35年前のキッチンセットを再生して活用しついることに
感激して、さださんに取材依頼がきて、
昨日、2017.7.28(金)の朝日新聞の広告特集として、
さださんへのインタビュー記事と共に掲載されました。

朝日新聞デジタル
『さだまさし、長崎詩島で35年の時を超え「長く愛せるキッチン」』

d0360702_08032952.jpg














さまざまな人々の想いが、さだまさしさんの詩島から、
また、新たな出逢いを産み出していく。
そんな嬉しい繋がりが、続いていく・・・。
私も、良いプロジェクトに関わることができて、
さだまさしさんやさだ企画関係者の皆さん、
そして、出逢いを創っていただいた朝日放送ならびに
ビフォーアフター番組関係者の皆さん、
また、丁寧な施工を担当してくださった諫早・石橋工務店、
西山工業他、施工関係者の皆さんに、
改めて、御礼申し上げます。
d0360702_08430289.jpg
















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝
d0360702_08430932.jpg















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-29 08:45 | さだまさしの詩島 | Comments(0)

建具屋さんの技量

d0360702_07392595.jpg



























枠、扉、建具金物一式がセットされた既製品が

氾濫している世の中で、

我々は、それぞれの工程を職人さんに委ねる

製作建具を住まいに用意しますが、

これが大工さん、建具屋さん、塗装屋さんによるコラボ。


静岡では、やはり地方だけあって、

良い職人さんが多いのですが、

以前の東京では色々な職人さんと出会いました。

そこでは、その技量が目に見えて分かるケースがあります。


一番正直に分かるのは、作業中の風景。

建具を吊り込む時期は、内装の大体は完成していますので、

そこへ、道具を持ち込み、掘ったり、穴を空けたり、

重い建具を運んだり・・・。

気を遣う状況がそこかしこに存在します。

道具を養生なしに、棚の上に置いたり

木くずを掃除しなかったり。

一番困るのが、仕上がった壁に傷をつけて、そのまま知らんぷり。


幸いに、私の現場ではそのような職人さんとの出会いは、

ほとんど無いので、救われております。

逆に言えば、その手の工務店とは付き合っていない。

d0360702_07393908.jpg



























もう一つのポイントが丁番の吊り方。

本来、枠と建具の両方に彫り込んで取り付けるのですが、

枠に彫り込まず、建具の方に2枚分の彫り込みをする方。

丁番は2枚が合わさって締まるのですが、

この2枚分の彫り込みを片方だけで済ませているわけですね。

明らかに、作業の簡略化であり、

見た目も、建具の彫り込みが不格好で、

枠にも、ドン付けとなり、見栄えも良くない。

こうした、金物廻りの彫り込み具合を見ると、

その技量の程が分かります。



写真は、私が好んで使いますレバーハンドル。

アルミ素材で、シンプルな円弧形状が手に馴染み、

価格もリーズナブル。引き手も定番。


さて、あなたの廻りにある建具は、

既製品、それとも人の温かい手の跡が残る品?

d0360702_07395364.jpg





























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-26 07:49 | 木製建具 | Comments(0)

d0360702_07463890.jpg




















アトリエMアーキテクツの住まい紹介のお知らせ。

これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。


一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務

〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2 

TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649

メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp

http://atelier-m-architects.at.webry.info/

http://facebook.com/tsutomu.matsunaga


今回は、大型住宅とJパネル住まいの二本立て。

どちらも、表扱いですが、

それぞれの写真で、イメージが伝わればと思います。


Jパネル、JPウォールは、

いつもお世話になっている、島田市の丸天星工業さんとコラボ。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07464862.jpg
























さだまさしさんの詩島再生計画でも、

母屋棟・管理棟が、このJPウォールによって、

構造補強の耐力壁と仕上壁が一体でリフォームされています。



d0360702_08153979.jpg

































・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html


d0360702_09451014.jpg





















まっさん旅日記「大改造!!劇的 ビフォーアフター」 さだまさし拝

https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html


大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html

d0360702_08154638.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-25 09:33 | 住まいの設計 | Comments(0)

d0360702_07573171.jpg

















アップルのノートパソコンといえば、昔はPowerBook。

パワーを冠する辺りが懐かしい時代。


そのデザイン変遷をアトリエの12年間で見ると。。。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201206/article_21.html



d0360702_07573985.jpg


















アトリエの初ノートは、1999年に購入した

PowerBookG3/400MHz Lombard

あの元祖・黒いツートン素材の憎いヤツ・笑。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201110/article_9.html


次に購入したのは、2006年。

PowerBookG4 aluminum

いわゆるPowerPCの最終形。

アトリエでは、 Cinema HD Display23"との

マルチモニターのデスクトップと

みごとに、二役を演じきってくれました。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/200803/article_8.html


6年ごとの購入サイクルで、今年購入したのが、

MacBook Air13” mid2012

まさに、速い、薄い、軽いの三秒備揃って、

512GB搭載の最強のカスタムチューン品。

前年に、PowerBookG4からiMac27”母艦に変更したため、

MacBook Proよりも、こちらを選択。

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201206/article_18.html



d0360702_07574818.jpg
















これに子どもたちのMacBookとMacBookProが加わって・・・。



さて、今年で6年経ち業務機のiMacは、

今年待望の2017新型ででましたが、

レーザープリンター、大判インクジェット、Vectorwarks更新

経理ソフト開発中止と消費税増税2019年延期、

なかなか環境が揃うということも難しいのですが、

ここは、踏み出し所だなぁ。。。

さて、マルチモニターをどう再構築するか。


iMac2011快適ツインドライブ+ツインモニター

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201108/article_6.html

d0360702_07350915.jpg



















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-24 07:39 | アップル | Comments(0)

d0360702_06494408.jpg


















金属製屋根が多くなってきますと、

屋根裏の換気は、より重要となります。

屋根の上は、60℃近くまでになることもあり、

その熱環境は、そのまま屋根裏空間へ放射されます。


断熱材は、常に部屋内側へ設置しますが、

その天井と屋根裏の空間は、高温となり、

天井の断熱材設置不良や、気密不良がありますと、

夏型の結露である高温結露の原因となります。

d0360702_06493531.jpg


















この棟換気は、屋根形状や素材により、

製作することも多々ありますが、

やはり、屋根のトップのデザインもさることながら、

風雨対策には、万全を期さなければなりません。

なおかつ、屋根裏通気の出口ですから、

その基本がおろそかになってもダメなもの。


ここは、野地板に所定の通気用隙間を残すこと、

その後の納まりなど、すごく気を使って施工するところですが、

今回は、既製品を違和感なく一体化させることに注視。

d0360702_06495389.jpg


















d0360702_06500251.jpg



















いつもの落ち葉除け樋(すとっ葉゜ー)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html

と共に採用しましたのが、

ガルバリウム・棟まど(タニタハウジングウェア)

http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid53.html


L=910mmをそれぞれの棟内に配置し、

そこを連結する方法は、板金屋さんに相談。

板金屋さんの秀逸な納まりによって、

既製品とは思えないほど、スッキリと合っています。


さらに換気量の不足分は、十分すぎる大きさの換気ガラリを

入母屋妻壁の米松横桟の中に納めて、さりげなく。

設計と施工の見事なコラボレーションです。

d0360702_06500999.jpg














d0360702_06501806.jpg



















前回の屋根換気の入口デザインは、こちらから。

屋根裏換気の入口デザインと省エネ効果

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_8.html



人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-20 06:54 | 住まいの設計 | Comments(2)

d0360702_07241229.jpg





























静岡も連日の30℃超え猛暑で愛犬はどこに?

本日の静岡の予報は34℃...(×_×)

ここのところ30℃越えの日が続き、

夜も寝苦しい日々が続きます。

室内にいても熱中症になりそうな感じ。


自邸庭のヤマモミジの木陰も、

少しは役に立ってはいるのですが、

やっぱり地面が土というのは涼しいようで。。。


渡り廊下の土間で涼んでいるはずの愛犬クレアが

見当たらず、庭を観ても居ない。


クレアァ〜〜と呼ぶと、いつもはどこからか

やって来るのですが、その気配も無し。。。


どこかなぁ・・・と庭を見回すと。。。

い、いたっ・・・(・_・)


庭木の間の地面を少し掘って、

そこに身体を横たえている・苦笑

やっぱり、土の上は涼しいようです。

皆さんも、熱中症にご注意ください。


d0360702_07242056.jpg






























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-19 07:27 | アトリエ生活 | Comments(0)

d0360702_22220621.jpg




















2007年に、こりゃ運動しないとまずいと建て主兼主治医に言われ・笑
2年間のmacchanスペシャルのお陰で、
内臓脂肪はほぼ駆逐しましたが、
同時に再開した、6kmウォーキング1時間から。。。

身体が慣れるにつれて徐々にジョギングにシフトして、
地道にコツコツ10年間。
本日、2,500km達成でパープルレベルにアップ。
次は、この倍のブラックレベル・・・まさにブラック...

これがどれほどの距離かといいますと、
九州新幹線・鹿児島中央から
北海道新幹線・新函館北斗までが合計2326.3km...
ということで、これはもう地球規模で、
東京から台湾と香港の間あたり・苦笑
d0360702_22223225.jpg

















駿府マラソンの10kmやハーフマラソンにも参加し、
着実に、地脚をつけてきましたが、好事魔多し。
に、二回も意識不明で路上に倒れて、
救急車からICU直行から入院・退院・再入院。
家人からは、三回目は絶対に救急車には乗らない。。。とm(__)m

継続と中断、この10年の間には、色々な事がありました。
これからも、自分に無理をせず、
走りたいときに、ゆっくり走るを心掛けて、
ジョギングライフを楽しみたいと思います。
しかし、iPhone6をポケットじゃ重いなぁ。。。
d0360702_22225294.jpg






























どれどれ、macchanどんなだった・・・という物好きなお方は、
お暇なときに、下記のリンクを辿っていただくと・・・
そ、それれなりに、楽しめます・苦笑

・第33回駿府マラソン完走。
・第24回日本平桜マラソン・無事走破。
・危険なRUN/'08.8.2・熱中症緊急入院!!
・緊急入院・2010駿府マラソン・断念・・・。
・Nikeデータで見る6kmの日本平コースと草薙コース。
・1,200km走破。。。
・1,300km走破。。。
・1,400km走破。。。
・1,500km走破。。。
・1,600km走破。。。
・祝!通算2,000km走破。。。
・祝!通算2,500km走破


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-15 22:30 | ジョギング | Comments(0)

建築は、実際にその場所に出向いて、
その空間に身を置くことで、
自分自身に眠っている様々な感覚を呼び起こさせてくれます。

敷地に足を踏み入れた瞬間から、その建築家が、
その場所の環境に込めた思いを感じとることもできます。

東京では、身近に有名建築が目白押しで、
日々、そこに身を置くことはたやすいのですが、
地方となると、こうした建築に出会えることは
格段に少なくなります。

有名建築家というと語弊があるかもしれませんが、
社会的に評価されている建築家の建築には、
一種の場のエネルギーを感じることができる
と、個人的には思っています。

建築と建物との違い。
それは、人に対して美的或いは詩的な感動、
その有無にあると考えます。
静岡県内にも、こうした建築を体感することができますので、
この機会に、是非体感して下さい。

<学生の皆さん>
以下の建築のうち、どこかを選択して
夏期休暇中に訪れて、その感想を写真と共に8/31(木)までに

・メールには、その建築への印象を記してください。(名前を忘れずに)
・写真1点はメールにて送付。
・タイトルのないメールは、はねられますので、気をつけて。

で、それぞれ提出してください。
長い夏休み、有意義に過ごしてください。

1.芹沢銈介美術館:白井晟一
/静岡市駿河区登呂5-10-5
d0360702_01252374.jpg










2.駿府教会:西沢大良
/静岡県静岡市葵区相生町15-1
d0360702_01253091.jpg

















※日本基督教団駿府教会は、あいているときしか入れませんので、
 スケジュールを確認して下さい。
 また、内部は主旨を説明すると、見せてもらえますが、
 必ずノートに記帳して、御礼を言いましょう。

3.静岡県舞台芸術公園:磯崎新
/静岡市平沢100番1・・・屋内ホール・楕円堂まで行ってみましょう。
d0360702_01253737.jpg














4.ねむの木こども美術館:藤森照信
/掛川市上垂木あかしあ通り一丁目
d0360702_01255064.jpg














5.ねむの木緑の中:坂茂
/同内
d0360702_01255866.jpg














6.資生堂アートハウス:谷口吉生. 高宮真介
/静岡県掛川市下俣751-1
1980 年日本建築学会建築賞
d0360702_01260921.jpg









7.特種製紙Pam:坂茂
/駿東郡長泉町本宿437
※事前予約が必要です
d0360702_01261978.jpg














8.秋野不矩美術館:藤森照信
/浜松市天竜区二俣町二俣130
d0360702_01262918.jpg















9.地球のたまご(OMソーラー研究所):永田昌民
/静岡県浜松市西区村櫛町4601
自然エネルギーの様々な試みが体感できます。
※事前予約が必要です
d0360702_01264171.jpg
















東京に行ける人は、下記で場所が
複数の美術館に出会えるのでお勧めです。
せっかくの夏休み、遠出をしましょう。
10.東京ミッドタウン
d0360702_01264872.jpg

























・サントリー美術館:隈研吾/内部撮影不可
d0360702_01265806.jpg
























・21_21DESIGN SHGHT:安藤忠雄/内部撮影不可
d0360702_01270535.jpg











11.上野公園内美術館群
・国立西洋美術館:ル・コルビュジエ/内部撮影可
※2016年・国立西洋美術館本館を含む7カ国17資産で構成される
 「ル・コルビュジエの建築作品」世界文化遺産登録!
d0360702_01271612.jpg












・東京文化会館:前川国男/内部撮影可
d0360702_01272445.jpg

















・法隆寺宝物殿:谷口吉生/内部撮影可
d0360702_01273632.jpg











表参道でも安藤忠雄、伊藤豊雄、隈研吾、中村拓志他の各建築が見られます。

・表参道ヒルズ/安藤忠雄 内部撮影可
d0360702_01274461.jpg













・TOD's表参道ビル/伊藤豊雄
d0360702_01275559.jpg


























・ONE表参道/隈研吾
d0360702_01280573.jpg























・東急プラザ/中村拓志
内部撮影可・・・屋上庭園は必見です。
d0360702_01281690.jpg

























d0360702_01282421.jpg















・プラダ ブティック 青山店/ヘルツォーク・ド・ムーロン
※青山通りを越えて、ちょっと歩くと。。。
d0360702_01283740.jpg






















・サニーヒルズ南青山店
※プラダビルから外苑西通り方面へ 内部撮影可
d0360702_01284764.jpg




















※なお、建築内部で写真を撮る場合は、
 あらかじめ、学校名、主旨を説明して、許可を得てください。
 但し、美術館の場合は内部撮影不可の場合も多いので、現地確認願います。
 その場合は、外観写真でOKです。

【 重 要 】
もし、このレポート提出をしなかった学生には、
後期授業において、個別にレポート課題を
毎週1回/月、計4回の宿題を課すことにいたします。
課題は前期におこなったのスケッチトレース4課題。
Red & Blue、サヴォア邸、ファンズワース邸、落水莊。

これは、これでやるほどに腕が上がりますので、
こちらを選択されても構いません。。。。。

夏季休暇は、長いようで短いもの。
授業で、いつも言っているように、
空間の中に身を置くことで、
必ず、学生諸君の今後の建築に対する考え方が変化します。

では皆さん、熱中症に気をつけて、
有意義な夏休みを過ごして下さい。
後期に、また元気にお会いしましょう。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-14 01:41 | 建築風景 | Comments(0)

d0360702_07391826.jpg












静岡、藤枝、焼津にありますSBSリフォームプラザ。
ここは、静岡新聞社・静岡放送系列として、
住宅展示場とは違って、リフォーム情報と
リフォーム会社や建材メーカーとの接点をユーザーに提供する
リフォームに特化した展示館です。

三年前、ここの主催でおこなわれたリフォームセミナーで
講演会を依頼されて、午前と午後各1時間ほど
リフォームについてのお話しをさせていただきました。

こうした講演会は、なかなか映像として
残るということはありませんが、
当時、限定公開でYouTubeにアップしますと
お聞きしましたが、先日別件での検索に引っかかり・・・
未だにその一部を観ることができるようです・苦笑。
d0360702_07392962.jpg















もう三年前ですが、当時の流行言葉で終わってますが...笑。
風貌は変わりませんが、この時よりは、
スムージーmacchanスペシャル効果で痩せたでしょうか・爆
あくまで限定公開ですが・・・こうして姿形がネットに残るんですね。。。

リフォームにおける設計手法
~豊かな住まいへの再生とは~




人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-12 07:42 | リフォーム設計 | Comments(0)

d0360702_07071300.jpg
















私の設計するJパネルの住まいは、

島田市の丸天星工業さんの生産した静岡県産材Jパネル。

http://marutenboshi.com/topics.html


先日、工場にお邪魔したときに、

久しぶりに、大石氏から開発秘話をご説明頂きました。

これまで、訪れたときには時間的に断片的でしたが、

なかなか興味深いお話し・・・といいますか、

大石ご夫婦のその決断がなかったら、

今のJパネルは産まれてなかったですね。

d0360702_07072190.jpg































そんな開発秘話がこちらの手の物語『Jパネル開発秘話』にて。

Jパネル開発の最大の難所は、

なんと、これまでに無かった木材乾燥機をいかに創るか。

常識を打ち破った木材乾燥機開発から

今のJパネルが生まれました。

http://tenomonogatari.jp/reading/jp_born/

d0360702_07072995.jpg



















さだまさしさんの詩島再生計画でも、Jパネル進化版、

静岡県産材JPウォールが大活躍しました。

http://marutenboshi.blogspot.jp/2017/05/jp.html

d0360702_07073882.jpg



















d0360702_07074858.jpg



















大改造!!劇的ビフォーアフター2017.4.2 OA.

長崎・さだまさしの詩島再生計画

http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html


・大改造!! 劇的ビフォーアフターさだまさしの詩島・Special Thanks

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_1.html

・さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html

・さだまさしの詩島とJパネル家具製作

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html

・さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html

・さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_11.html


・国吉田物語建設プロセス

Jパネル住まいの設計施工ポイント1

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_13.html

・池田山物語建設プロセス

Jパネル住まいの設計施工ポイント2

http://atelier-m-architects.at.webry.info/201707/article_1.html


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2017-07-11 07:09 | Jパネル | Comments(0)