人気ブログランキング |

静岡・大谷の家

d0360702_14485487.jpg

































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:396.60m2
・延べ面積:300.25m2
・地下1階2階建て
・竣工:2009年12月
・構造:鉄筋コンクリート造+枠組壁工法
・施工:久保田建設

駿河湾を見渡す高台に建つ敷地は、
二方向の道路から1.5mかた2.5m高い位置にあり、
住まいにアプローチするにはどうしても
外部階段を必要とします。

駿河湾への風景を南全面に取り込むために、
高低差の小さい東側に地階となる2台駐車場を取り、
その脇の通路から住まいにアプローチします。

d0360702_14490383.jpg

















d0360702_14492025.jpg

















d0360702_14493278.jpg















































つまり道路レベルから住まいに直接入り、
そこから土間となるギャラリーや内部階段を
上がって玄関に行き着きます。

そこは北側の坪庭と南側の主庭を望められ、
風通しの良い自然の中の玄関ホール兼接客空間になっています。
左手にアイビーがのぞく玄関アプローチはガラスの屋根と
FRPグレーチンから成り、上部に乗ってデッキからテラス、
南庭へ出られるようになっています。

d0360702_14505200.jpg

















d0360702_14510201.jpg





























d0360702_14511239.jpg
















































2階の広間・食堂・厨房からは南遠望の駿河湾と
東側の山を望むことができて、
大屋根の下に取り込まれた1.5mの山向きバルコニーと
2.7mの海向きバルコニーが、
さらに豊かな生活空間を演出しています。

2階厨房には家事コーナー、勝手口からサービスバルコニー
・外部階段へと、直接出入りができるように
サービスアクセスが用意されています。

d0360702_14512883.jpg

















d0360702_14513615.jpg

















d0360702_14514776.jpg





























d0360702_14515735.jpg





























d0360702_14520583.jpg






































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-30 15:02 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

広島・呉 木香の家

d0360702_16122714.jpg
































・所在地:広島県呉市
・主要用途:大之木ダイモ モデルハウス
・敷地面積:148.85m2
・延べ面積: 99.96m2
・2階建て
・竣工:2016年5月
・構造:国産杉材Jパネル落とし壁工法
・施工:大之木ダイモ

・建設プロセスと設計・施工ポイントはこちらから。

呉市を拠点にした創業98年の大之木ダイモは、
材木業から興り、建築・土木・物流・ホームセンターを
展開する地元主幹企業。在来工法による住宅事業を
展開するの中で、新しい木造住宅商品開発として
国産杉材Jパネル(国産材3層クロスパネル) を柱の間に
落とし込み梁を組み込んでいく、落とし壁工法による
モデルハウス『木香の家』を開発しました。

d0360702_16124039.jpg















d0360702_16124862.jpg


























計画地の北側には黒瀬川と山裾の風景が広がっていますが、
北入りで間口が狭く奥行きが深い敷地形状のため、
通常であれば1階からこの北側の風景を住まいに
取り入れる発想はほとんどありません。

ここでは川辺の豊かな風景を1階に取り入れることを
テーマとし、南デッキ→広間→趣味コーナー→玄関→
北風景を見通せるヌケと風の通り道を取り入れて、
15坪ながら広がりのある平面計画となっています。

d0360702_16125990.jpg
































d0360702_16130868.jpg















d0360702_16131840.jpg








































玄関脇の趣味コーナーには、作り付けのソファベンチ
と本棚があり、寛ぎながら南北の風景を同時に
楽しむことができる空間です。
また吹抜のある広間・厨房・堀座コーナー・
屋根に覆われた南デッキが田の字型に配置されて、
内と外が相互に関係し合いながら、
豊かな生活空間を作り出します。

2階は約2mと低く抑えられた桁行きから
上り梁が延びて、適度な高さの吹抜の広がりが
寝室・個室空間を包み込んでいます。

d0360702_16132900.jpg















d0360702_16133628.jpg


























広間・厨房・堀座には温水床暖房、
洗面横には温水パネルウォーマーがあり、
高気密・高断熱の住まいに、
適度な暖かさを確保しています。 

d0360702_16134910.jpg
































d0360702_16135745.jpg
































d0360702_16140558.jpg

























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-27 16:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・池田山の家

d0360702_15225532.jpg
































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:150.30m2
・延べ面積: 99.36m2
・2階建て
・竣工:2014年3月
・構造:静岡県産杉材Jパネル落とし壁工法
・しずおか木の家推進補助事業
・施工:大隆木内工務店

・建設プロセスと設計・施工ポイントはこちらから。

日本平の中腹に造成された桜ヶ丘団地は、
日本平動物園や有度山総合公園が隣接する山あいの場所。
南敷地が1m高く、大型住宅の大きな壁面が奧長く
迫っているため、1階では明るさを確保することも
良好な通風を確保することも困難でした。

打開策として階段浴室洗面を思い切って南側に
迫り出させて、その分東西を大きくセットバックさせる
凸型プランを提案し東西の南面に広がる空間を確保しました。

これにより、この敷地独特の風のみちを取り入れ、
南の陽だけでなく朝日・夕日と風景を感じることが
できる平面計画としています。

d0360702_15230417.jpg















d0360702_15231764.jpg
































d0360702_15232746.jpg




































玄関アプローチ上部には大きな屋根の下の2階デッキが
浮くように設けられ、西日を遮りながら風景を楽しみ、
その一角には玄関脇からのアオダモの株立ちが
枝葉を延ばしています。

d0360702_15241657.jpg















d0360702_15242508.jpg





































30坪総2階プランに組み込まれた2つのバルコニーに
よって広がりがあり、明るい2階広間には、
堀座コーナー、ソファコーナーデスクコーナーと
いくつもの居場所が用意されています。

d0360702_15233951.jpg















d0360702_15235099.jpg















d0360702_15240206.jpg































在来工法よりも粘り強い木造モノコックを構成する
静岡県産杉材Jパネル(国産材3層クロスパネル)を
柱の間に落とし込み梁を組み込んでいく、
落とし壁工法を採用しています。

この構造壁のほとんどを仕上げ材として現しにすることで、
内部造作工事を大幅に軽減し、柱と梁、壁天井の
Jパネルが現しとなった室内空間は、
木材による自然の調湿環境を備えています。

この構造用Jパネルは階段や各所の間仕切り壁としても
活用して、できるだけ内法空間を広げることにも役立てています。
さらに、構造から出る端材も活用して、家具を製作しています。

d0360702_15243689.jpg
































d0360702_15245057.jpg
































d0360702_15245941.jpg
































d0360702_15251002.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-24 15:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・国吉田の家2

d0360702_09483441.jpg
































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:213.41m2
・延べ面積:118.41m2
・2階建て
・竣工:2013年12月
・構造:静岡県産杉材Jパネル落とし壁工法
・しずおか木の家推進補助事業
・施工:大隆木内工務店

・建設プロセスと設計・施工ポイントはこちらから。

日本平のすそ野に造成された計画地は、
静岡市内を見下ろす眺望が魅力的な場所にあり、
この風景と環境を最大限に取り入れ、
開放感がありかつ、プライベートも
しっかり確保した住まいとなっています。

大きめの農業用倉庫が向かい合い、
中庭的な空間を創り出す配置計画となっていて、
隣地地盤が1.3m高い南側住戸からの視線を、
この片流れ屋根の倉庫で緩衝する役割を持っています。
1.4mの庇により夏の日射を防ぎつつ冬の日射を取り入れ、
バルコニーや玄関を包み込んでいます。

d0360702_09484365.jpg













d0360702_09485032.jpg




































在来工法よりも粘り強い木造モノコックを構成する
静岡県産杉材Jパネル(国産材3層クロスパネル)を
柱の間に落とし込み梁を組み込んでいく、
落とし壁工法を採用しています。

この構造壁のほとんどを仕上げ材として現しにすることで、
内部造作工事を大幅に軽減し、柱と梁、壁天井の
Jパネルが現しとなった室内空間は、
木材による自然の調湿環境を備えています。

また、広間上部の吹き抜け部分は、
階段と通路上廊下だけの壁が無い空間のため、
南面の床固めの構造的な意味でキャットウォークを設けて、
直交梁だけでなく、檜の無垢板材の落とし込みを
併用することよって、粘り強さを加えるとともに
光と影による効果の空間的アクセントとなっています。

d0360702_09485990.jpg
































d0360702_09490998.jpg
































d0360702_09491685.jpg
































d0360702_09492547.jpg























構造Jパネルは洗面・便所の引き戸脇の間仕切り壁
としても活用して、できるだけ内法空間を広げること
にも役立てて、さらに、構造から出る端材も活用して、
家具にも活用しています。
設備的には太陽光発電と太陽熱利用によるガス給湯器の
Wソーラーシステムを採用して温水床暖房を主体にしています。

d0360702_09493529.jpg
































d0360702_09494784.jpg

































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-22 09:52 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

富士・吉原の家

d0360702_09511973.jpg































・所在地:静岡県富士市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:506.17m2
・延べ面積:171.28m2
・平屋建て
・竣工:2011年12月
・構造:枠組壁工法
・施工:平和建設

増改築を繰り返した築70年の底冷えする平屋建て
在来木造を建て替えて、快適な住まいへ転換しつつ、
既存茶室棟との来客動線を整理し、
その中で生まれた中庭を玄関前にしつらえています。
その中庭越には富士山を望むことができます。

d0360702_09515003.jpg

















d0360702_09520061.jpg





































玄関天井には旧住まいの二間続きの
和室格天井に洗いを掛けて再生、建て替え後も
同じ位置にくる広間には、同じく中直8mの桧丸太梁を
構造の中に組み込んでいます。

その直下南面には米松製のペアガラス戸と
ルーバー付ステンレス網戸の引き込み戸として、
日射と採光と通風の調整ができるようになっています。

d0360702_09521386.jpg





























d0360702_09522113.jpg

















d0360702_09522966.jpg

















d0360702_09523835.jpg












































広間と食堂の外部には、連続する大きなデッキ空間があり、
その上部は外部用のポリカーボネート屋根で覆われて、
雨の日でも快適に活用できるようにしています。

d0360702_09524772.jpg



































床はメープルフローリング、壁・天井は、
紙クロス(ルナファーザー)の上に、調湿性の優れた
ホタテペイント(ルナしっくい)として、
勾配天井は米松板張りで、空間に柔らかさを出しています。

d0360702_09525742.jpg

















d0360702_09530661.jpg





























d0360702_09531344.jpg






































面密度の高いセルロースファイバー断熱材吹き込みとした、
高気密・高断熱の住まいには、セントラル冷暖房を導入し、
便所・洗面所・廊下もヒートショックのない均一室温となり、
間仕切りの少ない広々とした内部空間となっています。
また各扉のリターンガラリにはかつての住まいの精緻な
組み合わせ欄間を転用して再利用、住まい手にとって、
新築なのに懐かしい風情の住まいとなっています。

d0360702_09532382.jpg


















d0360702_09533078.jpg




























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-20 09:58 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・豊田の家

d0360702_12130782.jpg

































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:二世帯住宅
・敷地面積:263.00m2
・延べ面積:184.75m2
・2階建て
・竣工:2014年4月
・構造:枠組壁工法
・施工:久保田建設

築45年の在来木造を建て替えて二世帯住宅へ。
想い出の詰まった住まいから新しい住まいへできるだけ
引き継げるものを考えて欲しいとの要望。
お母様のために道路から玄関までを段差無しで
上がれるようにスロープとして、その南側にある
既存植え込みや既存庭を残しつつ、建物側に植栽を
追加して緑の樹間を新しいアプローチとしています。
d0360702_12134044.jpg















d0360702_12134852.jpg















d0360702_12135624.jpg































共有の玄関ポーチを覆うのはかつての住まいの下屋を
解体・補修・再生して、親世帯の玄関扉と共に、
慣れした親しんだ迎入れの場としています。
建物自体を背景とするために、黒色のガルバリム鋼板
として、こうした下屋・木製建具・軒裏の木部を
際立たせています。

d0360702_12140862.jpg
































d0360702_12141641.jpg



































内部は高気密・高断熱と深い庇による日射遮蔽とし、
セントラル冷暖房を導入して便所・洗面所・廊下も
ヒートショックのない均一室温となり、
間仕切りの少ない広々とした内部空間となっています。

各扉のリターンガラリにはかつての欄間を転用したり、
雪見障子も再利用して住まい手にとって、
新築なのに懐かしい風情の住まいとなっています。

建物の中心部には屋根のトップライトから1階洗面所へ
と続く光井戸を設けて、外部窓のない各室へ自然光を
取り入れることで、隅々まで明るい住まいとなっています。
d0360702_12142772.jpg
































d0360702_12144134.jpg
































d0360702_12144963.jpg



































床はカバフローリング、壁・天井は、紙クロス(ルナファーザー)
の上に、調湿性の優れたホタテペイント(ルナしっくい)として、
一部壁は米杉板張り。上下階の遮音性能を上げるために、
上階床下に強化石膏ボードを敷き込み、天井裏には面密度の
高いセルロースファイバー断熱材と防振吊木を併用しています。

d0360702_12145824.jpg















d0360702_12150604.jpg















d0360702_12151568.jpg



































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-18 12:26 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

沖縄・恩納村の別荘

d0360702_21541791.jpg

































・所在地:沖縄県恩納村
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:403.56m2
・延べ面積:153.66m2
・地下1階地上2階建て
・竣工:2015年8月
・構造:壁式鉄筋コンクリート造
・施工:大興建設

恩納村の海に約60m隣接する細長い敷地は、
両側が鋭角に無くなり、中間は山から流れ出る
水路で分断されている。
また奥行きの最も広いところで10mしかないため
建築できるボリュームも制限される。
海の風景が手の届くところにあるということは、
沖縄台風の暴風雨に直接晒されることを意味します。
このため、海岸西側に庇を大きく張り出した
琉球赤瓦の片流れの大屋根が強風を逃がし、
太陽光を遮蔽する。この屋根の中にロフト空間的な
2階空間を取り込んだ形態となっています。
d0360702_21551709.jpg















d0360702_21545873.jpg


















d0360702_21555002.jpg















d0360702_21560922.jpg




































他方、国道に面する東側は、交通量が多く、
騒音や振動、排気ガスから建物を守るための
遮蔽壁としてしつらえ、境界沿いに建つ長さ40mの
琉球石灰岩張りの塀との二重構造としています。
その隙間をアプローチと地階ドライエリアへの
光取り込み口とし、2箇所に設けられた花ブロック
により適度な視線と通風を担ってます。
d0360702_21544734.jpg













d0360702_21562361.jpg





































沖縄の住まいは断熱材を設けない場合が多いですが、
ここでは外部からの遮熱のために断熱性能を上げて
います。壁・天井には現場発泡ウレタン断熱を施し、
開口部は遮熱ガラスと防犯ガラスのペアガラスとして、
遮熱と共に暴風雨からの飛散物へ対応しています。

床はキッコウ加工を施したウォルナット材、
壁と一部天井は、紙クロス(ルナファーザー)の上に、
調湿性の優れたホタテペイント(ルナしっくい)、
一般天井は杉板型枠打ち放し仕上げ、
水回りには米ヒバ板張りとしてします。
また居室の開口部内側には、引き込み式の
ルーバーガラリ戸があり、日差しと視線・風景と
通風を調整することができるようになっています。
d0360702_21564814.jpg















d0360702_21570072.jpg


































d0360702_21571343.jpg































d0360702_21572229.jpg




































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-13 22:30 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・伊豆高原の別荘

d0360702_07460820.jpg

































・所在地:静岡県伊豆市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:1493.51m2
・延べ面積:129.18m2
・竣工:2016年5月
・構造:枠組壁工法
・施工:大同工業

コナラを主林として、クヌギ、ケヤキ、スギなど
の鬱蒼とした別荘地。すべての樹木の樹種と樹高、
位置を調べて残すべき樹木を確認しつつ
傾斜地が大半を占める中で、その頂部のみを1.5m
ほど鋤き取って平地を造りつつ、最低限の伐採に
留めながら、効果的に建物周囲にのみ光の差し込む
空間を創り出すように注意を払っています。

2階を屋根の中に取り込んだマンサード屋根は、
枝を伸ばす周囲の樹林に雨が当たって飛散して建物
に降り注ぐため、通常の建物より、2階外壁に雨の
当たる量が多いため、米松の外壁材をできるだけ
飛沫から守るために採用されています。

自然公園法ではこのマンサードは、1階の屋根として
認められないとのことで、2階屋根部分にも50cm
以上の庇を設ける必要から生まれた変形マンサード
となりましたが、これによってちょっと可愛らしい、
トトロの森の建物のような風情を醸し出しています。

d0360702_07462347.jpg















d0360702_07463270.jpg


























南側には、遠く伊豆大島を遠望できて、この森の風景
と共に最大限取り込みたいとの要望から、1・2階共に
巾4m×高さ1.9mの全面開放可能な米松のペアガラス
の木製建具とステンレス製網戸の各4枚ずつで構成され
ています。その大開口部と連続して奥行き3.5mの
ベンチ付バルコニーが1.2階に設けられて、森の中に
浮かぶ外部空間となっています。

この敷地を見た時に、コナラ主林とその中に株立ち
20m超の夏椿があり、これを建物の傍に上手く取り
込みたかったので、それが、デッキの中から生え出す
ような位置に建物が配置されています。

d0360702_07464980.jpg















d0360702_07472819.jpg















d0360702_07475041.jpg
































d0360702_07474143.jpg









































壁・天井は、紙クロス(ルナファーザー)の上に、
調湿性の優れたホタテペイント(ルナしっくい)として、
床材には色の濃い1階ウォルナット、
2階アジアンブラックとして、持ち込みのアジアン
テイストの籐やカーペット、ジャラ製の置物などとの
統一性のあるインテリアとなっています。

建て主のアイディアから産まれた5種類の厚板を使った
スリット階段が広間のアクセントとなっています。
森の風景を最大限に取り込んだ浴室や洗面所の外部・
内部窓、収納量を増やすための持ち込みの本棚と
スライド2連本棚など、収納量の工夫も各所
に考えられています。

d0360702_07470048.jpg
















d0360702_07480632.jpg






















d0360702_07482329.jpg







































d0360702_07483645.jpg







































d0360702_07485096.jpg
























































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-12 09:34 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_10300585.jpg

















自邸兼アトリエの食堂の椅子では
いろいろな種類を使っています。
私はハンスウェグナーのYチェア。
もう21年目になりますが、
5年前に座面の張り替えをおこないました。
d0360702_10241893.jpeg












この他に、
アルネ・ヤコブセンのアリンコチェア、セブンチェア、
他2脚をarfiex(アルフレックス)。
もう子供も巣立って来ましたので、
椅子としては余っておりますが・・・苦笑。

アトリエでは、長年の腰の痛みもあって、
一昨年、思い切ってあの高いハーマンミラーのアーロンチェアを
こちらの庄文堂さんから、
何かの特別付属付きがあって、購入しました。

今回、その庄文堂さんからクリスマスカードが届き、
中には、現在の保有14,800ポイントに加えて、
特別プレゼント20,000ポイント進呈。
合わせて34,800ポイントとなり
かなりのポイント高ですが、2018年1月まで。
そんなポイントがあることはすっかり忘れていましたが、
これはと思って、HPを覗いてみると。。。

あのイームズの椅子・シェルチェアが45,360円
上記のポイントを使用すれば
わずか10,560円であのイームズの椅子が手に入るという
まさにクリスマスプレゼント

ということで、ここは自分へのなんちゃら・・・
ポチッとさせていただきましたm(__)m
受注生産のため、納期は最長12週間ということで、
来春の暖かさが戻る頃を楽しみに。。。


人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-07 10:28 | 家具 | Comments(0)

d0360702_19050877.jpg
























アトリエMアーキテクツの業務を支えてきた業務機。
初号機は、Power Macintosh7500/G4改。
東京の一色建築設計事務所に勤めながら
アトリエでの東京業務を支えた初号機。
HDDは1GB、まだメモリーが8MBで、
さらに増設する8MBが4万円近くした時代。
通信環境は、当時最速をうたわれたISDN。
本格業務からG4カードを挿して爆速に・笑。
d0360702_19044639.jpg















二号機は、移動アトリエを兼ねたPower BookG4/aluminumと
17インチモニターとのマルチモニター体制へ移行。
その後、Apple CinemaHD display23"とのマルチモニターへ。
d0360702_19043575.jpg














三号機は、待望のデスクトップiMac2011/ultimate
これは、起動用SSDと記録用HDDのツインドライブ仕様で、
Apple CinemaHD display23"とのマルチモニターで
50インチの作業環境を実現していました。

6年毎の業務機更新も、なかなか条件が揃わずそのまま。。。
出力機の大判インクジェットやレーザープリンターも
リースも終わり、保守対応も終わり、
壊れたらおしまいという所まで引っぱってきました。
先日は、写真用のインクジェットが壊れて、
同型の中古をネット購入して何とかしのぎましたが。。。

しかし、メインのOSX10.6 SnowLeopardのままでは、
Safariでも、アップルのページも一部が見えなくなり、
Acobat Proもpdfが真っ黒で見えないかったり、
パスワード付きのzipが開けなかったりで、
その都度、四号機の移動アトリエ・MacBookAir13"の方で、
開いたり、加工したりしてiMacへLAN経由で送ったりと
何かにつけて繁雑な作業が増えてきました。

メインCADのVectorWarksもバージョンアップから見放されて、
対応OSからも外れますが、
MBAで問題なさそうなので、
OSX10.8 Mountain Lionに上げて何とか対応。
ここまで上げると、外付けHDDに
OS10.12 Sierraをインストールできるので<イマココ
d0360702_19052048.jpg















経理ソフトのA&A会計も消費税10%に対応せず開発終了。
これはPBG4/OS10.4/Tigerで運用してますが、
消費税10%が2019年まで延びたため、
まだ来年も使えるというラッキーさ・笑

22年前に建てたアトリエのメインスペース。
世はまだCRTモニター17インチ時代、
やがて液晶になっても50cmの高さがあれば、
Macが大型しても大丈夫と思っていましたが・・・、
まさかiMac27”が出てくるとは・・・高さ51.6cm…>_<…
d0360702_19045891.jpg
























iMac2017への移行して、iMac2011との
2台体制にするには、棚の高さを上げつつ、
起動しなくなったiMac2000やら、
SCSI接続のエプソンA3スキャナーES8000とか、
一杯になったスイッチングハブとか、
もろもろ整理を兼ねて棚のかさ上げと
スパゲッティが絡まったようなケーブル類と
コンセント類を専用コンセントを軸にして整理。

来春に向けて、対応バージョンやバージョンアップ、
切り捨てるソフトなどを睨みながら、
もろもろ準備を進めているところです。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


by atelier-m-archi | 2017-12-02 19:36 | アトリエ生活 | Comments(0)