タグ:住宅建築 ( 33 ) タグの人気記事

伊豆の森の中に囲まれて、森の中に住まうだけではなく、
5mの巨大な水槽で淡水魚や水生生物を成育させて、
予備の水槽まで増設して、別荘からの斜面に小径を造り、
そこには、畑まで造って野菜づくり。
存分に森の中の生活を満喫する別荘。

沖縄の海岸沿いに建ち、
そこはまるでプラベートビーチ。
堀座卓の和室広間とバーベキューデッキ、
厨房、玄関、浴室すべてが海に向き合う。
敷地内を流れる水路を渡るブリッジの向こうには、
赤瓦の離れのあるプライベートな庭も海に向かい合う。
沖縄の海に向き合い、その自然と一体化する別荘。

山と海に向き合う別荘のお話し。

・静岡・伊豆高原の別荘:129.18m2 2016年5月
d0360702_07460820.jpg
































・沖縄・恩納村の別荘:153.66m2 2015年8月
d0360702_21541791.jpg








































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-07-02 16:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

大型住宅の住まい感

面積が大きい、いわゆる広い住まいでは、
一見すると色々な要望をかなえられそうですが、
そこには住まい手それぞれのこだわりの部分が多くあり、
ただ単に大きい住まいということはあり得ません。

私のアトリエでも、よく聞く話ですが、
ハウスメーカーでは、40坪の住まいのそれぞれの居室が
大きくなっただけの70坪の住まいといった風に、
部屋が大きくなっただけの住まいしか提案されず、
魅力的な住まいにならないんですよ・・・と。

ここには、ゆとりのある住まいだからこそ、
活かすべき生活空間の提案が多く含まれています。

・富士・吉原の家:171.28m2 2011年12月
d0360702_15114663.jpg
































・静岡・大谷の家:300.25m2 2009年12月
d0360702_15113587.jpg

































・静岡・千代田の家:378.73m2 2007年8月
d0360702_15112418.jpg
































・静岡・国吉田の家:314.88m2 2003年1月
d0360702_15111585.jpg


































・静岡・駿河台の家:155.45m2 2002年11月
d0360702_15110084.jpg

































・静岡・池田の家2 :289.79m2 1998年5月
d0360702_15105167.jpg

































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-06-16 15:15 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

延べ面積100m2の住まい

延べ面積100m2以下の住まいでも、
さまざまな工夫次第で、4人家族のための
狭さを感じない広がりある生活環境が実現できます。
空間の豊かさと家族の気配を感じる住まい、
そんな住まいがここにあります。

それぞれのリンクから住まいごとに写真と解説をご覧いただき、
皆さんの住まいの参考になれば幸いです。

・広島・呉 木香の家:99.96m2-2016年5月
d0360702_16122714.jpg
































・静岡・池田山の家:99.36m2-2014年3月
d0360702_15225532.jpg
































・浜松・曳馬の家:79.54 m2-2011年6月
d0360702_11562354.jpg

































・静岡・岩本本町の家:71.36m2-2010年5月
d0360702_13420415.jpg

































・浜松・鴨江の家:98.39m2-2009年4月
d0360702_10251052.jpg





















・静岡・城東町の家:94.70 m2-2004年9月
d0360702_17553825.jpg


































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-06-11 11:30 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_00173060.jpg


























三菱商事建材のモイス(MOISS)をご存じでしょうか。
内装用のモイスNTと構造用のモイスTMの二種類があり、
珪酸カルシウムに、バーミキュライトという鉱物を
加えて形成された板材で、以下のような特徴があります。

・高い調湿機能。
・ホルムアルデヒドの吸着、低減。
・アンモニアなどの吸着、低減。
・ウィルスを吸着、増殖を抑える。
・有害物質が発生しない防火・耐火性能。
・優れた加工性と施工性・・・曲げ加工も可能。
・耐力壁用タイプの面材は、最大壁倍率3.8倍
・土に還る優れたリサイクル素材
・手軽なメンテナンス・・・サンドペーパー等で汚れ落とし

端的に言えば、このモイスをそのまま仕上げ材として張れば、
調湿機能をもった不燃の壁・天井仕上げとなり、
余った端材なども調湿材や保湿材として活用できます。

d0360702_00174378.jpg

















内装用モイスに構造用面材としての耐力を持たせた
構造用モイスTMは構造用合板の代わりに使用することができます。
これを使用すれば、外壁を金属板で仕上げる場合に、
その上に、直接仕上げることができて、
一般的な構造用合板を使用した場合に必要な不燃下地としての
石膏ボードが必要なくなり、コスト減と工期短縮に対して、
非常に有効な手法となります。

d0360702_00175204.jpg















これは、離島などでは非常にメリットのある建材であり、
朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターでは、
離島物件担当・島の匠として、
八丈島や波照間島のリフォームで使用させて頂きました。

・八丈島 ― 窓を開けてはならない家 2012年7月20日O.A.
d0360702_00180440.jpg
































d0360702_00181037.jpg





























・波照間島 ― 雨も土も降る家 2016年3月6日O.A.
d0360702_00181822.jpg




























d0360702_00182418.jpg





























また、静岡市の清水銀座商店街の店舗併用住宅のリフォームでは、
防火地域内の木造ということで、すべての壁・天井仕上げで
このモイスを使用しています。
・清水銀座の家― 娘が窓の外で寝る 2005年3月6日O.A.
d0360702_00183432.jpg
















d0360702_00463251.jpg

















d0360702_00184926.jpg
























今回モイス(MOISS)のHPがリニューアルされて、
その中のモイスプレスに私のインタビュー記事が掲載されました。

人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-06-05 00:34 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・小鹿の家

d0360702_18315124.jpg




























・所在地:静岡市小鹿
・主要用途:専用住宅
・敷地面積: 96.60 m2
・延べ面積:116.81 m2
・2階建て
・竣工:2004年3月
・構造:枠組壁工法
・施工:久保田建設

いわゆる旗竿宅地と呼ばれる道路から3m幅の敷地延長から
奥に敷地がある形状で、なおかつその部分は変形の台形をしていて、
実質の建てられる敷地は23坪ほどの広さ。周囲に建物が密集して、
唯一南側がマンションの駐輪場前で陽当たりがあるものの、
その部分が一番敷地幅の狭い4.9mほどという条件の悪い敷地でした。

ここに4人家族の明るい住まいをいかに創り出すかが大きなテーマです。
建物は敷地形状なりの一片が平行でない変形台形に片流れ屋根を
掛けたボリュームを切り取っていますが、平行でない壁が、
かえって内部に広がりを与えています。

ガルバリム鋼板で覆われた外観には、
各開口部すべてに特注の庇が付き、南側のバルコニーは持ち出しの
袖壁と屋根に覆われたプライバシーの高くなる工夫があります。

d0360702_18321162.jpg





























d0360702_18324557.jpg

















d0360702_07462601.jpg


















南側に広間と吹抜と2.2mの開口部を上下に設けて、
南からの光を住まい内部に深く導いています。
この吹抜には南バルコニーへの通路が延びていますが、
光を妨げないように厚10mmのポリカーボネート製の
透明な床となっています。
ここは照明があり夜には照明ルーバーの役割も果たします。
またバルコニー床もグレーチングとして、
冬の陽射しをできるだけ邪魔しないように取り入れることを考え、
夏の日差しと西日は、屋根と袖壁でカットするようにしています。

d0360702_18333998.jpg





























d0360702_18340109.jpg





























d0360702_18341321.jpg

















d0360702_18343902.jpg


















この広間・厨房・食堂は、通路と収納階段部分も取り入れることで
20帖の広さがあります。また玄関脇から広間への通路壁面には
クロゼットや収納があり、これとは別に、厨房→洗面ユーティリティ
へのサブ動線を確保して、1階部分に回遊できるようにしています。

d0360702_18351034.jpg






























2階には主寝室と子供室2室がありますが、
いずれも造作ベット・クロゼット・ロフト収納・ハシゴが用意されています。
主寝室のベット間には板を渡すことで、畳コーナーのようになる
畳ベットとなっています。

d0360702_18373701.jpg





























d0360702_18374656.jpg





























d0360702_18380733.jpg


















片方の子供室は2階部分で2m幅しか取れていないですが、
ベット・机・本棚・クロゼットが用意された勉強・就寝スペース
と位置づけ、ロフトは遊びコーナーとして上下に分けていて、
玄関前に跳ね出した特徴的な外観を創り出しています。

d0360702_18403299.jpg





























d0360702_18322547.jpg






























洗面所には出床としたトップライト兼収納スペースが、
2階便所にも出床としたトップライト兼洗面があり、
密集地でも昼間は明かりいらずの生活環境となっています。
鋭角北コーナーが洗い場にある浴室は、そこをベンチと
トップライトに活用して、こちらも明るさが確保されています。

d0360702_18404663.jpg





























d0360702_18405562.jpg





























d0360702_18410463.jpg





























d0360702_18411444.jpg






























内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としつつ、広間・厨房や一部壁はルナファーザーAEP塗り
としています。広間・食堂には温水床暖房が設けられています。
外部のデッキと米杉板張り塀のおかげで、広間の延長空間として
唯一の南庭をより活用できるようにしています。

d0360702_18421395.jpg



































d0360702_18422035.jpg



































人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-05-24 07:31 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・城東町の家

d0360702_17553825.jpg



























・所在地:静岡市城東町
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:113.09 m2
・延べ面積:94.70 m2
・2階建て
・竣工:2004年9月
・構造:枠組壁工法
・施工:久保田建設

静岡市中心部にある計画地はもと駐車場であり、
西側は隣地境界から15cmで全面に隣家が接して、
以前の長屋だった一端が垣間見えます。
南側は木造の平屋建てのため、陽当たり抜群の敷地に見えますが、
近隣情報から近い将来建て替えが行われると判断しました。
そうなると、この敷地の日当たりは周辺状況から判断して
望めないので、そこを見越して住まいの計画を考える必要があります。

28坪・4人家族の住まいは凹型のコートハウスとなっています。
この計画では、南側の建て替えにより、庭を空けて日当たりを
確保するとは困難となるため、建物を南側に寄せることで、
幅わずか2mの中庭ですが奥行き7mまで確保して、
住まいの隅々まで光が取り入れられています。

外観は、ガルバリム鋼板とサイディングの黒色と杉材の
コントラストが映えますが、この中庭周りは白色として、
光の反射を住まいの奥深く取り入れるようにしています。

d0360702_17555476.jpg

















d0360702_17560395.jpg






























中庭を介して広間とダイニングキッチンが向き合っているため、
外部からの視線を気にしないで生活することができます。
広間の吹抜壁面にはご主人こだわりのAVラックが作られて、
テレビやオーディオ・スピーカー、レコード/CD/DVD置場
となっています。またこの吹抜は将来の増設子供室で、
階段脇の1帖ほどの書斎コーナーのルーバーが扉位置になります。

通風・換気用の高所操作可能な高窓と中庭を介しての光で、
広間の明るさは十分という判断をしていましたが、
計画中にどうしても明るさが気になるという建て主の要望で
トップライトを設けました。
住まいの計画中には、南側平屋の解体・建て替えが始まりましたが、
結果的には中庭からの光で十分な明るさでしたという
建て主からの後日談があります。

d0360702_17562320.jpg





























d0360702_17563176.jpg





























d0360702_17564082.jpg





























d0360702_17565751.jpg





























この光は中庭→通路→洗面ユーティリティへと導かれて、
通風用のスリット窓しかない洗面所を明るくし、
地窓から風も呼び込めます。

d0360702_17572295.jpg





























d0360702_17573495.jpg





























d0360702_17574201.jpg





























駐車場奥には勝手口があり、その手前の斜めの小さな米杉板塀が
浴室前の植栽スペースであり、
勝手口の目隠し的な役割も果たしています。
外観の特徴的な丸窓は階段室にあり、ここから道路反対側の
遠望の公園の森、その先に富士山を望むことができます。

d0360702_17575553.jpg

















d0360702_17580311.jpg





























d0360702_17581513.jpg





























造作キッチンは住まい手の要望を具現化した造作オリジナル、
その背後を出床として持ち込み食器収納と造作吊戸棚を設け、
その上部のトップライトからは朝日が差し込みます。
キッチンのレンジ側にはステンレス板の油はね防止板がありますが、
これを横に倒すとサイドテーブルになります。
連続するダイニングテーブルには埋め込み式の
ガスコンロが組み込まれて、その東側の窓からは隣地に
庭の緑を借景として取り込んでいます。

d0360702_17582932.jpg

















d0360702_17583724.jpg

















d0360702_17585123.jpg





























中庭の南側には米杉板張りの目隠し塀を造ることで
この中庭の独立性を高めていて、
そこに植えた小さな株立ちのヒメシャラが
四季の彩りを加えてくます。
上部に設けられたルーバーにはガラスの屋根や
物干しフックが用意され、また2階の開口部2カ所には
布団干しバーもあります。

d0360702_17590328.jpg





























d0360702_17592549.jpg





























d0360702_17593173.jpg





























フリールームと呼ばれる子供室は勾配天井と
上下の開口部がありますが、これは将来の二人部屋とした時に
上部ベット下部勉強机の既製品を想定して
窓の配置が考えられており、数年後の購入後に、
本来の子供室として活用されています。

内部床はメープルフローリング、壁・天井はOSB合板素地貼り
を標準とし、ダイニングキッチンはルナファーザー
AEP塗りとしています。広間、ダイニングキッチン、
洗面ユーティリティには床暖房が設けられています。

d0360702_17594147.jpg





























d0360702_17594858.jpg





























d0360702_17595760.jpg






























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-05-13 21:08 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

浜松・曳馬の家

d0360702_11562354.jpg
































・所在地:浜松市曳馬
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:90.96 m2
・延べ面積:79.54 m2
・2階建て
・竣工:2011年6月
・構造:枠組壁工法
  (信州材桧使用国産材枠組壁躯体)
・施工:常盤工業

浜松市の閑静な住宅街の一角にある台形型変形敷地27坪に
4人家族の住まいを計画する。
規模・予算共に非常にタイトであるため、無駄を省いた
敷地形状そのままを建物外形として、それを片流れ屋根の中に
収めていますが、変形地ゆえの平行でない壁が
建物内部に広がりを与えています。

1階には2.7m奥行きのポーチ兼ガレージを設けて、
雨が降っても後席は玄関先に直接降りられます。

d0360702_11563626.jpg





























d0360702_11564966.jpg




























d0360702_11565788.jpg

















主寝室は5帖ほどで壁も斜めで普通のベットが入らないため
下部収納付き造作ベットを2つ設け、また床を250mm下げて
天井高さを2.6m確保つつ、2つのクロゼット上部にも
収納スペースを創り出し、収納量を確保しています。

d0360702_11571180.jpg




























d0360702_11572290.jpg





























1170mm幅しかない洗面所ですが、トップサイドライトと
幅15cm高さ90cmのスリット窓で、明るさと風通しを確保しています。
また洗濯機脇に幅31cm奥行66cmスライド式タオル収納
が用意されています。

d0360702_11573482.jpg




























d0360702_11574297.jpg





























2階のキッチンにはサービスバルコニーを用意し、
対面する広間は造作テーブルと収納付き畳コーナー、
カウンター棚によって色々なレイアウトで生活シーンをサポートします。
6.5帖の子供室は幅2.7mのクロゼット付き、中央に既製品の
二段ベットを置き、その両サイドに造作机を本棚があって、
適度な距離を保っています。
付属する幅4mのバルコニーは1.4mの屋根の中にあります。

d0360702_11575252.jpg
















d0360702_11575976.jpg

















d0360702_11580699.jpg




























d0360702_11581619.jpg

















d0360702_11582384.jpg





























この建物の形状は、『静岡・岩本本町の家』に類似していますが、
オープンハウスを見学して、この住まいが良いということで継承しています。
内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としていますが、広間の勾配天井や厨房はナファーザー貼り素地張りで
全体の明るさを確保しています。
また洗面所はホタテペイント塗で調湿性能を加えています。
浴室外部には上部サービスバルコニー下を活用した坪庭と目隠し塀があり、
浴室から連続した広がりがあります。

駐車場アプローチは砂利敷き・コンクリート平板に住まい手の発想による
珊瑚砂利で構成され、1年後には枕木とサツキツツジが加えられ完成しました。

またこの住まいは、信州材による国産材枠組壁工法開発補助事業の
試行建設プロジェクトに認定されて、その構造躯体の2×4材には
信州桧が使用されており、構造構成でも
『静岡・岩本本町の家』と同じ思想で成立しています。

d0360702_11583312.jpg





























d0360702_11584048.jpg






























d0360702_11584801.jpg



















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-05-03 12:29 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

静岡・岩本本町の家

d0360702_13420415.jpg

































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:77.36m2
・延べ面積:71.36m2
・2階建て
・竣工:2010年5月
・構造:枠組壁工法
(信州材赤松/唐松使用国産材枠組壁躯体)
・施工:久保田建設

静岡市中心部に位置する敷地は、
間口4.5m奥行18mの細長い敷地。
西側は同規模の空き地がありますが、東側は隣家が
ほぼ境界線上に建っており、屋根の樋部分は越境している
ような状況でしたので、住まいを考える上で、
どのように施工するかも重要なポイントでした。

前面道路側に2台駐車場を取り、その奥に間口3.6m・
2層ボリュームの箱型を収めて、その吹抜の一部に
2階を配するシンプルな平面・断面計画として、
その中に必要な諸室を配置しています。

南面から取り入れる陽射しを建物奥まで引き込むような
最大の開口部を設けつつ、玄関ポーチの庇兼夏の日差しと
西日をカットする袖壁付き屋根が1.4m跳ね出しています。
中空にある梁と柱は、将来的にバルコニーを増設するために、
あらかじめ用意されています。

d0360702_14024753.jpg

















d0360702_14025551.jpg





























ワンルームのLDKと階段収納の吹抜には、
通路と透明ブリッジが取り囲んで南への通路が明るさを
邪魔しないように考えられていて、道路向こうにある高校敷地の
街路樹の緑が住まいに取り入れられています。

キッチンと並びの食堂造作テーブルは、
椅子と収納付き畳ベンチが壁側に南面まで伸びていて、
一部はソファの役割も果たしています。また食卓脇の階段下には、
テレビ・オーディオ機器や収納となっています。

d0360702_14030869.jpg





























d0360702_14032194.jpg





























d0360702_14032861.jpg




























d0360702_14033916.jpg





























d0360702_14034972.jpg






























L=2500mmのキッチンでは作業スペースが限られるために、
レンジサイドに油跳ね防止のステンレス板を設けて、
それを横にすることでサイドカウンターとしています。
また壁付レンジフードのための補強垂れ壁を造り、
独立型フードのように扱うことでコストダウンを図りながら
奥行き空間の広がりを確保しています。

d0360702_14040114.jpg

















d0360702_14041592.jpg






























1階奥にある個室には、造作ベットと机・クロゼットが用意されて、
洗面ユーティリティ・浴室へ連続しています。
2階のワンルームの広間吹抜面は、全面開口部となっており、
両側が扉、中央が腰付き通風用引き違いとなり、
採光・通風・遮蔽のそれぞれの役割の透明・不透明ポリカーボネート
で構成され、その個室には2.5m巾クロゼットが設けられています。

d0360702_14042909.jpg

















d0360702_14043840.jpg

















d0360702_14044724.jpg






























内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としていますが、浴室・洗面ユーティリティは
明るさとゆとりを求めて、ナファーザー貼り+ホタテペイントによる
調湿空間と連続する浴室としています。

この住まいは、信州材による国産材枠組壁工法開発補助事業の
試行建設プロジェクトに認定されて、
その構造躯体の2×4材には信州赤松と唐松が使用されています。

d0360702_14045872.jpg





























d0360702_14050739.jpg





























d0360702_14051513.jpg






























人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-04-12 14:26 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

浜松・鴨江の家

d0360702_10251052.jpg





















・所在地:静岡県浜松市
・主要用途:専用住宅
・敷地面積:167.92m2
・延べ面積:98.39m2
・2階建て
・竣工:2009年4月
・構造:枠組壁工法
・施工:常盤工業

両親の敷地内に建てる同居型二世帯住宅。
南側は両親の住まいが建ち、敷地西側道路は2階レベルの
3m高い位置にあります。
敷地条件としては、一見厳しいところですが、
周囲をよく見ると、西道路の南T字路沿いには
桜並木を見ることができ、北T字路遠望には谷の向こうに
ある林を見ることができ、東側からは朝日が確保されています。

また西道路の斜面は緑の壁と見ると状況は変わってきます。
こうした風景を住まいの中に効果的に取り入れるために、
1階に祖母室と水回りと寝室を、2階に書斎コーナーのある
広間と厨房・2子供室を30坪弱の中に納めています。

d0360702_10251969.jpg

















d0360702_10252647.jpg

















d0360702_10253451.jpg






























3台の駐車場脇には、スロープによる玄関アプローチ、
先に玄関ポーチを大きめに取り、自転車置き場を兼ねて、
それを被うように大きな屋根を架けています。

玄関を入ると正面に緑の壁である道路斜面が借景として
来客者を迎えます。式台やベンチを設けて、祖母室への
導線を考えて、便所・洗面・浴室をそばに配しています。
洗面所は通風用窓とは別にトップサイドライトから朝日を取り込み、
その光を欄間により廊下へ、高窓より内部の便所へ取り込み、
暗がりの無い工夫をしています。

d0360702_10254226.jpg

















d0360702_10254910.jpg

















d0360702_10255662.jpg

















d0360702_10260314.jpg


















両親の住まいから南側からの光が望めないため、
西道路側に広めの米松製バルコニーを建物構造とは
独立して設けています。このバルコニーは厨房脇に
ありますが、食堂テーブルからは、引き違い窓+地窓により
延長のような空間となっていて、
その先に桜並木を望めるようになっています。

広間の北側の横長窓からは北遠望の林を望めて、
ここのH=2200mmの低めの壁から片流れ屋根が
南側へ延びていき、広間の勾配天井と南側にある
2子供室とロフトを包み込んでいます。

内部床はメープルフローリング、壁・天井は、
OSB合板素地貼りを標準として、広間勾配天井は
ルナファーザー素地貼りとしています。
コストを規模との兼ね合いの結果ですが、ビニールクロスは
使わないで自然素材に包まれた室内環境となっています。

d0360702_10261842.jpg





























d0360702_10263631.jpg





























d0360702_10264435.jpg


















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-03-06 10:59 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)

d0360702_11070482.jpg
































・所在地:静岡県静岡市
・主要用途:事務所併用住宅(専用住宅+アトリエ)
・敷地面積:361.34m2
・延べ面積:189.55m2
・2階建て
・竣工:1996年3月
・構造:集成材軸組工法+枠組壁工法
・施工:久保田建設

静岡市と清水市の間に横たわる丘陵地帯・日本平の
裾野近くに位置する池田の地に建てられた自邸兼アトリエです。
建物は、家族五人のための住宅棟と将来の両親のための
居住スペースを含むアトリエ棟に分けられており、
この二棟は渡り廊下・ルーフバルコニーによって上下階で結ばれています。

d0360702_11072097.jpg













d0360702_11072950.jpg

















d0360702_11073938.jpg
















d0360702_11075054.jpg

















両棟共、将来に向けての生活パターンの変化に対応するべく
コアとなる水回りとなる部分を除き、オープンでフレキシブルな
空間構成となっています。大断面集成材を主構造とする軸組は
5m×4.5mグリッドを基本に構成され、柱・梁・壁パネルが
一体的になるように2×6壁に構造用合板で緊結され
面剛性を発揮します。
床面についても、厚38㎜の米松本実材によって水平構面を構成し、
これをそのまま階下の天井仕上材とし、内装材についても
将来的仕上計画の第一歩としてOSB合板素地貼りで統一し、
広間のみOPフキトリ等OSB合板のテクスチャーを活かした
スケルトン的な空間を造り出しています。

d0360702_11075840.jpg
































d0360702_11080954.jpg






d0360702_11081816.jpg











d0360702_11083104.jpg







d0360702_11084764.jpg



















また、すべての構造材・仕上材は米国の標準流通材の断面寸法
として日本側で木拾いをして、シアトルから清水までコンテナで
直輸入した米松集成材を使用しています。
床剛性は米松206デッキング(本実)材を敷き詰めて確保して、
それをそのまま階下の天井仕上げとしています。
住宅部分にはポートラッチと呼ばれる厚57mm-3プライの
集成デッキング材と構造用合板厚12を設置しています。

外壁はラスモルタル下地をそのまま仕上げとして撥水剤を塗布し、
中庭周りは、米杉板張りとしています。
また前面道路が22mあり、掃き出し窓、腰窓、バスコート、
アトリエアプローチと異なる開口部を米杉ルーバーで被って、
特徴的な外観を創り出しています。
内部床はオークフローリング、壁はOSB合板素地張り、
天井は水平剛性の米松デッキング材を現しとして、
木材や自然素材に包まれた室内環境となっています。

d0360702_11085860.jpg























d0360702_11090781.jpg
















d0360702_11091737.jpg





























d0360702_11092928.jpg
































d0360702_11093962.jpg





























d0360702_11094988.jpg


















築22年を経過していますが、
15年目にはキッチン、食堂、子供室をリフォームしています。
キッチンは対面式からオープン式に、食堂は家事コーナー増設と
収納を古箪笥に入れ替え、子供室はそれ以前におこなった家具
で仕切った部分の階段上部を利用したクロゼット増設と
アトリエ吹抜上部の既存梁の一部に個室を増築し、
ルーフバルコニーの一部に屋根を架けて通路としています。
リフォームのポイントはそれぞれ下記のブログをご参照ください。

d0360702_11100599.jpg















・15年、対面キッチンからオープンキッチンへ

d0360702_11101492.jpg























・年3ヶ月振りの再会・水屋箪笥と百味箪笥

d0360702_11102551.jpg












・ルナしっくい(ホタテペイント)の白い壁
・家事コーナーのタフネスによる断熱トップライト

d0360702_11154188.jpg












・階段上部の半透明クロゼット

d0360702_11103483.jpg


















・ガルバリウム鋼板製の小さな樋

d0360702_11104524.jpg















・ルーフバルコニーにデッキの小径

d0360702_11105620.jpg


















人気blogランキングに参加しています。

↑よろしければ、クリックをお願いいたします。

 ・・・どうも、ありがとうございました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[PR]
by atelier-m-archi | 2018-02-12 11:23 | アトリエMアーキテクツ | Comments(0)